AKB48「IxR」がオンライン+招待客のライブを開催 久々のファンとの対⾯にメンバーが満⾯の笑顔 | GirlsNews

AKB48「IxR」がオンライン+招待客のライブを開催 久々のファンとの対⾯にメンバーが満⾯の笑顔

AKB48グループ ニュース
AKB48「IxR」オンラインライブより
AKB48「IxR」オンラインライブより

昨年12⽉開催の「AKB48 劇場14周年記念公演」をきっかけに、AKB48の新時代を担うユニットとして結成された「IxR(アイル)」のオンラインライブが30日、昼夜2部構成で実施された。

⼤盛真歩・⼩栗有以・久保怜⾳・⻄川怜・⼭内瑞葵の5⼈のAKB48メンバーで構成された「IxR」のユニット名は、アイドルのI、VR やARなどを総称するxR(クロスリアリティ)の、x(エックス)と R(アール)を重ねた造語になり、VR やARコンテンツで活躍を⽬指す新時代アイドルユニット。

この日のオンラインライブ「IxR Reality Reality Smile」は、メンバー全員を映す通常の⽣配信映像に加え、特定のメンバーをフォーカスし続ける「推しカメラ」での視聴が可能、さらに対象期間中にチケットを購⼊した人の中から抽選で、各部48名を会場に招待。IxR としては今年2⽉に渋⾕ストリームホールにて⾏った「2020 AKB48 新ユニット︕新体感ライブ祭り♪」以来、約半年ぶりのファンの前でのステージ披露となった。

第1部は、『⼤声ダイヤモンド』で幕を開け、『ラブラドール・レトリバー』など4曲続けて披露。久々のファンとの対⾯に、メンバー全員が満⾯の笑顔でアイドル全開のパフォーマンスでオー
プニングを飾った。⼭内さんは「IxR のみんなで1からセットリストを考えて今⽇の⽇を迎えました」とコメントすると、⼤盛さんは「会場に招待された48名のみなさんや配信をご覧のみなさんに、元気やパワーを届けられたらいいなと思います」と挨拶した。

ユニットパートでも各メンバー希望の楽曲を披露。⻄川さんは⼤好きな曲と語る『背中から抱きしめて』をソロで。初のユニットの組み合わせとなる久保さんと⼭内さんは『アボガドじゃね〜し』を軽快にパフォーマンスした。久保さんは「ずっきー(⼭内)に可愛い曲をやってほしくて、ずっきーのことをたくさん調べてこの曲にしました」と選曲の理由を語った。⼤盛さんは『シャムネコ』をソロでセクシーに披露。⼩栗さん・久保さん・⻄川さんは坂道 AKB の『国境のない時代』をクールにパフォーマンスし、最後は、⼭内さんが切ない表情で『枯葉のステーション』を歌い上げた。

後半は、⼭内さんが初の AKB48 センターを務めた『失恋、ありがとう』や『⾔い訳 Maybe』など5曲を披露。躍動感溢れる全⼒パフォーマンスで第1部の幕を降ろした。

(第2部に続く)

    関連商品