アンジュルム、女子大生アイドルコピーダンス大会“UNIDOL”にサプライズ出演 『大器晩成』などを披露

アンジュルム
アンジュルム

アンジュルムが21日、東京・NHKホールで行われた「UNIDOL 2022 Summer 決勝戦/敗者復活戦」のサプライズゲストとして登場。ヒット曲の『大器晩成』などを熱唱し、会場を盛り上げた。

シークレットゲストとしてアンジュルムが紹介されると、場内は一気に熱気につつまれた。そんな中、『⼤器晩成』のほか、『愛・魔性』『次々続々』『愛すべきべきHuman Life』披露した。

「UNIDOL」とは女子大生アイドルコピーダンス日本一決定戦であり、今年で10周年を迎えた。全国区5都市(東京・大阪・名古屋・福岡・札幌)にて開催された、総計49⼤学53チームによる予選⼤会を⾒事勝ち抜いた14チームに加え、同⽇開催の敗者復活戦を勝ち抜いた2チームが出場した。結果、筑波大学のBombs!が見事1位に輝いた。

エンディングでアンジュルム のリーダー・竹内朱莉さんは、「素敵なステージに元気をもらった。一緒に踊ってみたくなった」と総評。また終演後の取材会で竹内さんは「⼤会は⾃分たちが味わえない緊張感があり、⾝が引き締まりました」とステージの感想を語り、「 出場者のみなさんには、今⼤会の結果を糧にどんどん上を⽬指してほしいです」と同世代ならではのエールを送った。