鈴木愛理「プロポーズされるなら さりげなくがいい」 『ゼクシィ海外ウエディング』表紙に登場 | GirlsNews

鈴木愛理「プロポーズされるなら さりげなくがいい」 『ゼクシィ海外ウエディング』表紙に登場

アーティスト ニュース
鈴木愛理
鈴木愛理

ソロシンガーの鈴木愛理さんが、海外ウエディング情報誌『ゼクシィ海外ウエディング 2021 Spring&Summer』(リクルートマーケティングパートナーズ/12月23日発売※一部地域を除く)の表紙に登場している。

今回のオファーに対し、「ゼクシィ=結婚なので大人なイメージが強く、憧れでした」という鈴木さん。ソロデビュー後初のウエディングドレス姿での撮影には「前に一度だけ着たときは夢みたいな感覚でしたが、今は結婚を意識する年齢になったので、少し身近に感じました」と心境の変化を明かした。

また、“海外で挙式をあげるとしたら?”という質問には「ヴェネチアですね」と即答。「一時期、海外の綺麗な海が見えるところで式を挙げている写真を友人と見ていた時期があったんです。そのときヴェネチアの写真を見つけて、一目ぼれ。それからずっと行ってみたいです」とひそかな憧れを明かした。

自身の結婚については、「仕事人間っぽいって言われますけど、結婚はしたいです!」とのこと。その一方で、「10 代の頃は 20 代半ばには結婚していると思っていたんです。でも、当時想像していた 10 年後と今が全然違っていて、実際はまだ想像がつかないんですよね」と等身大の気持ちを語った。

プロポーズに関しては、「さりげなくがいいですね。ロマンチックでなくても、家とかで突然『結婚する?』って言われたほうがうれしいです」と理想のプロポーズシチュエーションを楽しそうに語った。

そんな鈴木さんの理想の結婚相手は、「小さな幸せに気づける人」とのこと。これには今年の過ごし方も関係があったようで、「今までは漠然とお父さんみたいな人が良いと思っていました。でも、今年のおうち時間に幸せな家族の動画をたくさん見すぎてしまって(笑)。そういう動画を見て、当たり前のことを一緒に喜んだりできる人って良いなぁって思うようになりました」とステイホーム中の経験で変化した価値観を明かした。   

印象に残った結婚式については、「そういえば……解散直前は卒業イメージで白のドレスを着ることも多かったんです。その時に、『誰かが結婚するときに、披露宴で流すための動画を撮ろう!』ということになって、勝手に『結婚するなら、ゼクシィ!』って言って動画を撮ったのを思い出しました」と茶目っ気たっぷりに笑った。「(メンバー人数分の)5 回使えるように少しずつセリフを変えて撮ったので、そをみんなの結婚式で見るのが本当に楽しみです!」と、『ゼクシィ』にちなんだ℃-ute メンバーとのエピソードも明かした。

鈴木愛理の動画を観る

関連商品