【松井珠理奈インタビュー 2】卒業発表直後から始まった自粛期間での思い「これからは“会いに行く松井珠理奈”になりたい」 | GirlsNews

【松井珠理奈インタビュー 2】卒業発表直後から始まった自粛期間での思い「これからは“会いに行く松井珠理奈”になりたい」

AKB48グループ ニュース
松井珠理奈
松井珠理奈

12年間にわたってSKE48の中心メンバーとして活躍してきた松井珠理奈さんが、昨年ついに卒業を発表、2月3日に卒業記念シングル『恋落ちフラグ』をリリースする。今回そんな珠理奈さんに特別インタビュー。卒業発表直後に始まったコロナ自粛期間から現在までの思い、そして「やりたいことがいっぱい」という未来についてたっぷり語ってもらった。

★卒業記念シングルについて詳しく語ったインタビューPart.1

--珠理奈さんが卒業発表されたのが昨年2月。その直後から急激に世の中がコロナ自粛に突入していきました。どんな思いで過ごしていましたか?

「SKE48にいる間にファンの方たちと思い出をたくさん作りたいと思っていたんですけど、なかなか会えなかったというのが寂しいなと思いました。ファンのみなさんは家族のような存在で、一緒にいることが当たり前だと思っていたので、寂しいなと思っていたんですけど、本当に“会えない時間が愛育てるんだな”と思いました(笑)。よりみんなの大切さを実感したし、会えないけどどうにかして気持ちを伝えたいと、インスタライブをしたり、YouTubeを始めたりだとか、自分なりにできること考えました。前向きにとらえると、改めて卒業とかSKE48についてすごく考えられ感謝ができたいい時間になったのかなと思います」

--YouTubeでは珠理奈さんからファンへの愛をとても感じます。

「えー、嬉しい! 本当に私、ファンの方とおしゃべりすることが好きで、友達みたいな感覚なんですよ。本当に距離が近いんです」

--まさに“会いに行けるアイドル”の象徴的な存在ですね。

「私“怖そう”と思われることもあるんですけど(笑)、意外にめっちゃラフなので、『握手会に来て好きになった』と言ってくれる方は結構多くて。最近気付いたんですけど、私のSNSのフォロワーが海外の方のほうが多くて、まだ会えてないファンの方がたくさんいるんだなということを最近知って、これまでは“会いに行けるアイドル”だったけど、これからは“会いに行く松井珠理奈”になりたいなと思います(笑)」

--コロナが落ち着いたら海外にも?

「海外にも行きたいし、47都道府県を一人で回りたい。それくらいの気持ちで歌やダンスを続けていきたいです」

--以前のインタビューでも語っていましたが、珠理奈さんはこれからもやりたいことがいっぱいですね。

「いっぱいですね。1個には絞ってないですね、1個に絞っちゃうと可能性を封じ込める気がして。もしかしたら『自分はこれが好きだけど、こっちに挑戦してみたらよかった』となることもあると思うし、アイドルとしては23歳というといい年なんですけど、周りから『まだ23歳なの?』と言われることが多くて、『あ、ってことは、これからなんでも挑戦できるな』ということを感じているので、自分の可能性を広げていきたいなと思います」

--12年活動してきてまだ23歳って、「どんだけ長くやってる?」って感じですね(笑)。

「自分もそこはラッキーだったなと思います。まだなんでもできるなって思っています。だから寂しさはあるけど、不安はないです」

--周りにメンバーがいないですからね。ソロでアルバムを出したのは昨年でしたっけ?

「そうです」

--ソロのアーティスト活動も続けていく?

「やります」

--それをやりつつ、裏方的な動きも?

「はい、やりたいです。またバラエティ番組も最近すごく好きになりました、昔は苦手だったんですよ。“SKE48を背負ってやっている”という感覚があったから、『あんまり下手なこと言えないしな』と思っていたんですけど、最近は自分を素直に出せるようになって、楽しめるようになってきました。自分の素の部分をテレビでも出していけたらいいなと思います」

--ロケ番組が好きというお話もありましたね。

「本当に大好き! ロケ番組が一番自分らしさが出ると思うんです。人と会ったり、コミュニケーションをとる姿を見てもらえて。この状況なので、ロケにもたくさんは行けないんですけど、街ブラをしたりとか、子どもが大好きなのでちっちゃい子と遊んだりしたいです」

--昨年10月に放送された『ローカル路線バス対決旅』(テレビ東京系)も面白かったですね。

「ああいう番組が好きです。外でのほうがイキイキします」

--本当にやりたいことがたくさんありすぎて、時間が足りないような……。

「たしかに。でも実は一番やりたいことは勉強なんです。今まで学ぶということをあまりしていなくて、どちらかといえば、“目の前にあることをやらなければいけない”“学ぶ前に実践しなければいけない”ということがすごく多かったので、SKE48一本でやってきた分、卒業したら自分のことを考える時間ができるかなと思って、人間としてのレベルを上げたいです」

--それはエンターティナーとしての学び? それとも学校の勉強的なものも含めて?

「語学の勉強だったり、一般的な常識みたいなことも知らないことがめっちゃ多くて、それは11歳くらいで止まっているので(笑)、そういう勉強をしたいという気持ちもあります。また旅行も全然したことがなくて、今まで見たことのない景色を見たり、いろいろ世界を広げて成長していきたいなと、そういう時間も大事かなと思っています」

--48グループの人って、プライベートで旅行を楽しむことができない分、コンサートツアーなどで全国を回るときにおいしいものを食べたりすることで旅行気分を味わうと話す人も多いですよね。珠理奈さんの場合も、完全にフリーでただ遊びに行く旅行というのは?

「ないですね。ちっちゃい頃に家族旅行に行った経験もあまりないですし」

--今は、落ち着いたら?

「行きたいですね。本当に息抜きをうまくしつつ、マイペースにやっていきたいなと思います」

(卒業コンサート、そして48グループへの期待を語ったインタビューPart.3に続く)

〈プロフィール〉
松井珠理奈(まつい・じゅりな)

1997年3月8日生まれ、愛知県出身。2008年、「SKE48オープニングメンバーオーディション」に合格。同年10月に劇場デビューを果たした。同時に、AKB48のシングル『大声ダイヤモンド』でいきなり選抜入り、センターに抜擢、単独でジャケット写真に登場し、大きな話題となった。2009年、SKE48の1stシングル『強き者よ』をリリース。以降、多くの曲でセンターポジションを務めるなど、中心メンバーとしてグループを牽引してきた。同時にAKB48としての活動も並行、多くの曲で選抜入りを果たす。2018年に行われた「AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙」では見事1位に。そして2020年2月、グループからの卒業を発表した。

関連商品

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。