AKB48チーム8、恒例の「8⽉8⽇はエイトの⽇」今年も開催 昼の部はメンバー8名でソーシャルディスタンス公演 | GirlsNews

AKB48チーム8、恒例の「8⽉8⽇はエイトの⽇」今年も開催 昼の部はメンバー8名でソーシャルディスタンス公演

AKB48グループ ニュース
「離れていても 8⽉8⽇はエイトの⽇ 2020」昼の部 (c))AKB48
「離れていても 8⽉8⽇はエイトの⽇ 2020」昼の部 (c))AKB48

結成6周年を迎えたAKB48チーム8の毎年恒例のお祭りイベント「8⽉8⽇はエイトの⽇」公演が8日、AKB48劇場にて行われた。今年は「離れていても 8⽉8⽇はエイトの⽇ 2020」と題して、昼の部・夜の部の2部構成で開催。うち昼の部は、坂⼝渚沙・岡部 麟・髙橋彩⾳・⼩栗有以・⼩⽥えりな・濵 咲友菜・下尾みう・倉野尾成美のメンバー8名でソーシャルディスタンス公演を実施した。

「ジタバタ」「重⼒シンパシー」の2曲連続披露で幕を開けたソーシャルディスタンス公演。倉野尾さんが「こうして(今年も)皆さんと⼀緒にエイトの⽇を 楽しむことができて嬉しく思います︕ いつもは(⼤⼈数のメンバーと)わちゃわちゃなエイトの⽇を迎えているんですが、今回の昼公演はこの8⼈ということで、パワフルに全⼒でほかのメンバーの分も⼒を出せたらと思います」と挨拶。⼩栗は「チーム8らしさがすごくつまったセットリストになっているので、元気よく頑張ります」と意気込みを語った。

ユニット曲コーナーでは、濵さん、下尾さん、倉野尾さんの3⼈で『Mystery Line』を。坂⼝さん、髙橋彩⾳さん、⼩栗さんは『逆転王⼦様』をキュートに披露。岡部さん、⼩⽥さんは『てもでもの涙』をシリアスな表情で歌い上げた。続いて、チーム8パワー全開で『汚れている真実』『近いのに離れてる』『蜂の巣ダンス』とダンサブルな楽曲を、息のあったパフォーマンスで魅せた。

MC では、おうち時間の過ごし⽅をテーマにトーク。下尾さんは「会えない時間が⻑すぎて、寂しくなって急遽メンバーに電話をしたけど、タイミングが悪くて誰も出なかった…」と寂しさを募らせたエピソードを語り、⼩⽥さんは「えりななせ(⼩⽥さんと吉川七瀬さん)で動画を作ったり、濵さんとこれまでの⼈⽣感やこれからのことなど真⾯⽬な話をするようになった」と、おうち時間でメンバーとの仲をさらに深めたことを話した。

終盤は、『思春期のアドレナリン』『好きだ 好きだ 好きだ』『離れていても』を披露し、最後はチーム8の代表曲『47の素敵な街へ』を披露して、昼の部・ソーシャルディスタンス公演を終了した。

AKB48チーム8の動画を観る

関連商品