森七菜、THE FIRST TAKEでストリングスアレンジの『bye-bye myself』を一発撮り披露 本日22時プレミア公開

森七菜「THE FIRST TAKE」第246回公開
森七菜「THE FIRST TAKE」第246回公開

女優で歌手の森七菜さんが、YouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」の第246回公開に登場、『bye-bye myself』を「THE FIRST TAKE」のためだけのストリングスアレンジで一発撮りパフォーマンスし、21日22時よりプレミア公開される。

「THE FIRST TAKE」は、一発撮りのパフォーマンスを鮮明に切り取るYouTubeチャンネル。高画質で4Kにも対応した圧倒的なクオリティを楽しめる。森さんは、第243回で自身の代表曲『スマイル』を一発撮りパフォーマンス披露した。

今回は8月に発売された1stアルバムにも収録されている、シンガーソングライター森山直太朗氏が作詞・作曲を手がけた『bye-bye myself』を披露する。前を向いて行く気持ちを歌った叙情性溢れるナンバーだ。

森さんは「ドキドキ緊張しました。こうやって演奏者のみなさまとご一緒して一発撮りっていうのは責任を感じて、一人の時よりも緊張しましたけど その何倍も楽しかったです。素敵な楽器の音色と、素敵な歌詞と、すごく大切な曲を歌わせていただきましたので、よかったら聞いてください」とメッセージを送っている。

森七菜 – bye-bye myself / THE FIRST TAKE <9/21(水)22時よりプレミア公開>
https://youtu.be/HTtUe01YtBc 

Comments are closed.