“夕見子” が札幌に帰ってきた 福地桃子が札幌ドームで始球式に登板し美しいフォームを披露 | GirlsNews

“夕見子” が札幌に帰ってきた 福地桃子が札幌ドームで始球式に登板し美しいフォームを披露

ニュース 女優 映画・ドラマ
福地桃子
福地桃子

現在放送中のNHK連続テレビ小説『なつぞら』に出演中の女優・福地桃子さんが19日、札幌ドームで行われた北海道日本ハムファイターズ vs 千葉ロッテマリーンズ戦のファーストピッチセレモニーに登場した。

先週放送の『なつぞら』で、北海道大学に通っていた夕見子(福地)が突然恋人の高山(須藤蓮)とともに上京し、駆け落ち騒動が繰り広げられたのも記憶に新しい。

この日のファーストピッチセレモニーでは、ドームの大型ビジョンに夕見子の駆け落ちストーリーがダイジェストで紹介されたあと、泰樹(草刈)からの「夕見子、はやく北海道に帰ってこい!」というオリジナルの力強い呼び掛けが。すると泰樹の声に導かれるように、夕見子(福地)が「じいちゃん、帰ってきたよ!」と登場。駆け落ちから無事札幌に帰還した夕見子の登場に、スタンドの観客が大きな拍手で迎え入れた。人生初のマウンドに立った福地さんの投球はおしくもワンバウンド。それでも、北海道のファンからは美しいフォームから繰り出されるピッチングにどよめきと歓声が送られた。

無事セレモニーを終えた福地さんは「 ファーストピッチが決まってから今日まで、時間があれば練習をしてきました」と打ち明け、おしくもノーバン投球にならなかったことがよほど悔しかったのか「また機会をいただけるのなら、次こそは」と夕見子さながらの負けん気を見せ、再チャレンジを誓った。また背番号が100であったことについては「なつぞら100作目ということで背番号100にしました」と語り「北海道に帰ってこられて、ドラマの世界と現実が重なって、とてもいい経験をさせていただきました 」と夕見子らしく北海道愛をアピールした。

関連商品