『やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる』でいじめられっ子役を熱演 16歳の新人女優・森七菜の演技力が評判に | GirlsNews

『やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる』でいじめられっ子役を熱演 16歳の新人女優・森七菜の演技力が評判に

ニュース 女優 映画・ドラマ
森七菜
森七菜

現在放送中のNHK土曜ドラマ『やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる』に出演中の森七菜が注目度をアップさせている。

新人弁護士=スクールロイヤーが法律を武器に、いじめ、体罰、モンスターペアレント、教師のブラック労働などに立ち向かう学園ヒューマンドラマ。同作で森さんは、クラスメイトからのいじめを苦に自殺未遂をする山下未希役を演じている。19日放送の第5話では、神木隆之介さん演じるスクールロイヤーの田口と話し合い、加害者生徒4人と学校を訴える決意を固めた。この自分の思いを必死に伝え決心するまでの姿に多くの視聴者の涙を誘った。

その一方で、三池崇史氏が総監督を務めていることでも話題の『魔法×戦士 マジマジョピュアーズ!』(テレビ東京)にも5月13日放送の第7話にゲスト出演。生徒会長を夢見る明るく元気なキャラクターの永田マチコ役を演じ、その可愛らしさから話題になった。同時期に放送のドラマで、同一人物だとは思えないほど真逆の役柄を演じ分け、16歳の新人とは思えない演技力を見せつけた。

森さんは、中学3年生だった2016年夏に大分県でスカウトされた後、初めて受けたオーディションで行定勲監督のWEB CM「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタi」に抜擢され芸能活動をスタート。昨年は、園子温氏が総監督を務めた『東京ヴァンパイアホテル』で後半に突如登場するヒロインの少女・アカリ役で女優デビューし話題になったほか、映画『心が叫びたがってるんだ。』、連続ドラマ『先に生まれただけの僕』(日本テレビ系)などの話題作に次々と出演を果たしている。

関連商品