森田涼花・荻野可鈴が主演 演劇カンパニー「アリスインプロジェクト」がオムニバス映画を発表、この夏公開へ | GirlsNews

森田涼花・荻野可鈴が主演 演劇カンパニー「アリスインプロジェクト」がオムニバス映画を発表、この夏公開へ

アイドルユニット/グループ 女優 映画・ドラマ
『アリスインプロジェクトTHE MOVIE』上映会
『アリスインプロジェクトTHE MOVIE』上映会
  • 『ボクが修学旅行に行けなかった理由』出演者
  • 『ボクが修学旅行に行けなかった理由』出演者
  • 荻野可鈴
  • 増井みお(PASSPO☆)
  • 根岸愛(PASSPO☆)
  • 槙田紗子(PASSPO☆)
  • 優希
  • 小谷野咲季
  • 小坂真名美
  • 花梨
  • 『終焉少女LAST GIRL STANDING』出演者
  • 森田涼花
  • 青木ゆり亜
  • 本橋舞衣
  • 幸野美咲
  • 鈴木ふみ奈

 4月27日、フレッシュな女性キャストのみでSFファンタジーを描くことを追求する演劇カンパニー「アリスインプロジェクト」が映画の世界へと表現を広げ、劇場公開オムニバス映画2本立て『アリスインプロジェクトTHE MOVIE』を渋谷アップリンク・ファクトリーで先行上映した。イベントには「ボクが修学旅行に行けなかった理由」に出演の荻野可鈴さん、増井みおさん、根岸愛さん、槙田紗子さん、小坂真名美さん、花梨さん、小谷野咲季さん、優希さんと「終焉少女LAST GIRL STANDING」に出演の森田涼花さん、青木ゆり亜さん、本橋舞衣さん、幸野美咲さん、鈴木ふみ奈さんが登壇した。

 「ボクが修学旅行に行けなかった理由」は私立高校芸能科の修学旅行当日にアイドル「P☆GIRLS」の4人は東京でライブの仕事をしていた。終演後に欠席組への課題を教室に忘れてきたことに気づいた4人は夜の学校に忍び込む。等身大の女子高生アイドルたちの輝きと葛藤を描き切る青春ストーリー。

 「終焉少女LAST GIRL STANDING」は未来を感じることが出来る女子高生の不吉な予言を信じられないでいた少女たち。しかし予言は現実となり武装した兵士たちが教室に押し寄せる。クラスメイトが次々と倒れる中、辛うじて生き延びる生徒に待っていたのはより過酷な衝撃的な現実と運命だった。学園SFミステリー。

 『ボクが修学旅行に行けなかった理由』に出演した荻野可鈴さんは「握手会の時にみなさんに『よかったよ』と言われてホッとしました。今回は4人組アイドルのリーダー役でしたが、実際はあんなにピリピリしないゆったりキャラです。情熱的な普段の自分にない役を演じられて楽しかったです」、山岸謙太郎監督は「ものすごいモチベーションで撮影に臨んでくれて、僕も手加減なしで演出をして辛い思いをさせたと思います。頑張っている姿を見ていて、アイドルに興味がなかったけど終わったら不覚にもファンになりました」と話した。

 『終焉少女LAST GIRL STANDING』に出演した森田涼花さんは「パッと見たら女の子がたくさん出てわいわい騒いで可愛らしい映画に見えますが、結末が最初から定められた宿命の女の子がいたりして私は運命を感じました」、鈴木ふみ奈さんは「前回山岸監督の『東京無国籍少女』に出演させてもらい、同じ世界観の今作に出演出来て光栄です。出演者のみなさんとあまり絡めなくて寂しかったです」とそれぞれ話した。

 草野翔吾監督は「女子高に突然武装集団が押し寄せる、ちょっと風変わりなストーリーです。自分はミリタリーオタクの部分がありまして、女の子を可愛く撮るよりどうやって兵士と女の子をかっこよく撮るか考えていました。銃の撃ち方については何も指導していません。『そんな持ち方したら手がおかしくなる』と思っていても、銃を初めて触る女の子の持ち方として自然なのでそのままにしました」とこだわりを話した。

『アリスインプロジェクトTHE MOVIE』は先行上映イベントとして4月27日(土)~30日(火)まで各日11:00、15:00、19:00の3回、4日間で12回開催(上映映画、イベント出演者は公式ホームページをご参照ください)
劇場公開は7月6日(土)~12日(金)の連日19:00からオーディトリウム渋谷にて上映

荻野可鈴の動画を観る

関連リンク

『アリスインプロジェクトTHE MOVIE』 公式HP

関連商品

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。