SUPER☆GiRLS 樋口なづな、初センター曲リリース日にあたっての思いを綴る「ずっと私の宝物」 | GirlsNews

SUPER☆GiRLS 樋口なづな、初センター曲リリース日にあたっての思いを綴る「ずっと私の宝物」

アイドルユニット/グループ ニュース
樋口なづな(ひぐち・なづな)2001年8月28日生まれ、静岡県出身。2018年4期メンバーとして加入。
樋口なづな(ひぐち・なづな)2001年8月28日生まれ、静岡県出身。2018年4期メンバーとして加入。

アイドルグループ「SUPER☆GiRLS」の通算25枚目となるシングル『明日を信じてみたいって思えるよ』が5日に発売。同曲で初センターを務めたメンバーの樋口なづなさんが、当日自身のTwitterを更新し、その発売日にあたっての思いを綴った。

今作は、ウイルスの影響により世界中でたくさんの物事が停止し、多くの事を失ったり、諦めたりしなければならない現実の中、どんな困難があっても、どんな悲しみがあっても、全ての人は未来を信じて歩いて行けるという強い思いを込めた、メッセージソングとなっている。

そのリリース日に樋口さんは「今 素敵なシングルを発売できた事、素敵な場所に立たせて頂けた事、ファンの方からの言葉や気持ち、ずっと私の宝物です」と感謝の思いを明かし、そして「沢山の方の手に届き 愛される1曲になりますように…」とメッセージを送った。

その言葉にファンからは「初センター曲のリリースおめでとう!」「いつかライブの現場で聴きたい」など、祝福のコメントが相次いだ。

なお本作のCDのジャケット写真では、樋口さんの手書きのロゴが印象的なデザインとなっている。

SUPER☆GiRLSの動画を観る

関連商品

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。