【TIF2019】東京女子流、多彩なパフォーマンスで魅せたライブ 2日目は「ときめき宣伝部」とのコラボユニットも | GirlsNews

【TIF2019】東京女子流、多彩なパフォーマンスで魅せたライブ 2日目は「ときめき宣伝部」とのコラボユニットも

アイドルユニット/グループ ニュース

4人組ガールズグループ・東京女子流が4日までお台場・青海地区で開催されている『TOKYO  IDOL FESTIVAL 2019』(TIF)に出演した。

まず初日は野外ステージのSMILE GARDENに登場。新旧4曲を披露した。新曲の紺のコート衣装で登場したメンバーたちは、まず『ちいさな奇跡』を披露、フレンドリーなムードでライブはスタートした。そして最新シングル『光るよ』へ。この曲では、一番のサビ前にコート衣装を脱ぎ捨て、キラキラ衣装にステージ上で早着替えすることも話題になったが、この日それを初めて目にしたアイドルファンも多かったのか、その瞬間「おーっ」というどよめきが起こった。

その後『Never ever』(TJO&YUSUKE from BLU-SWING Remix)をスタイリッシュなパフォーマンスで見せたあとは『鼓動の秘密』へ。アルバムバージョンのイントロでキレキレのダンスパフォーマンスで場内を魅了したあと、ライブ定番曲で大きな盛り上がりの中、初日ライブは幕を下ろした。多彩で、かつ高いスキルのパフォーマンスはおそらく初めて観たであろうアイドルファンも魅了していたことだろう。

2日目も同会場に登場した女子流。この日のステージはアイドルグループ「ときめき宣伝部」とのコラボユニットで「東京宣伝部」として10人組のステージとなった。2組は同じエイベックスからCDをリリースするレーベルメイトで、一緒にツーマンライブを開催したこともある間柄。ときめき宣伝部はメンバーカラーを前面に打ち出した、トロピカルなテイストのカラフルな衣装、対して女子流はまるで天使を思わせる純白の衣装で登場した。

ステージでは、まずは女子流の『頑張って いつだって 信じてる』を10人でパフォーマンス。その後今度は、ときめき宣伝部の『土っキュン♡!!少女』を10人で披露した。この『土っキュン♡!!少女』は東京女子流が現在月イチペースで開催中の「新・定期ライブ」で4人でパフォーマンスしたことがあが、10人で披露するのはこの日が初めて。新井ひとみさんは「10人でやるのは初めてだったので楽しかったです!」と語った。

そして後半は女子流の『おんなじキモチ』、ときめき宣伝部の『初恋サイクリング』を続けて披露。午後1時台の屋外ということで酷暑の中での公演となったが、10人はそんな暑さをものともせず、元気いっぱいに、かつさわやかなパフォーマンスを見せた。

この日をもって「東京宣伝部」は解散ということになったが、新井さんが「勝手に宣言します。来年のTIFで再結成して、このすてに立つことをお台場の自由の女神像に誓います」と宣言し、再結成を誓い合うと、それを期待するファンから大歓声が巻き起こっていた。

東京女子流の動画を観る

関連商品

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。