つばきファクトリーの主演舞台が開幕 主人公役・小片リサ「毎回の舞台で少しずつ変化していく演技に注目して」 | GirlsNews

つばきファクトリーの主演舞台が開幕 主人公役・小片リサ「毎回の舞台で少しずつ変化していく演技に注目して」

アイドルユニット/グループ ニュース ハロプロ 舞台・ミュージカル
高塚梓役 小片リサ
高塚梓役 小片リサ

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ・つばきファクトリーが6日、池袋サンシャイン劇場で行われた主演舞台『演劇女子部 「遙かなる時空の中で6 外伝 ~黄昏ノ仮面~」』の公開ゲネプロに登場した。主人公・梓を演じる小片リサさんは「歴史のある、遙かシリーズの作品をやらせていただけること、とても嬉しく思います」とコメントした。

■つばきファクトリー、USJで「トロールズ」のテーマを元気いっぱいに披露

つばきファクトリーの、グループとしての主演舞台はメジャーデビュー前の2015年の『演劇女子部 ミュージカル「サンクユーベリーベリー」』以来、9人グループとなってからは初の主演舞台となる。物語は、 普通の女子高生だった主人公の梓(あずさ)が、 突然大正時代によく似た異世界に時空移動してしまうことから始まる。帝都東京。 そこには、怨霊と呼ばれる異形の存在が蔓延っていた。事態を打開しようとする帝国軍と、 その対立にある鬼の一族。梓はその構想に巻き込まれていく…。

今回は大半のキャストが男性役。つばきファクトリーのメンバーを中心としたキャストたちが凛々しい表情、溌剌とした動きで魅了する。迫力のある殺陣シーンでは目を釘付けにさせられる。そんな中、“黒龍の神子” 高塚梓を演じる小片リサさんと、“白龍の神子” 駒野千代を演じる山岸理子さん、“花二輪”の可憐な存在感がひときわ目を引く。

主人公・梓は最初は召喚された世界に戸惑いしかなかったが、次第に異世界の住人たちと心を通わせ、ある人物に恋心を抱くようになる。異なる世界で、決して結ばれることのない立場での恋、小片さんのせつない恋心の表現が秀逸だ。小片さんは「一人の男性を選んだ梓の心を観て、共感していただけるように……」と語っている。

また、つばきファクトリーの持ち味であるしっかりとした歌声が物語全体を盛り上げる。

小片さんは開幕にあたり「原作や前回の舞台のファンの方、たくさんいらっしゃると思うんですが…そんな方々にも認めてもらえるような作品にできるよう、キャスト一同頑張ります」と意気込む。そして「舞台は毎公演全てが違うものだと思います。毎回少しずつ変化していく演技にも注目して、何度も観に来ていただけるように頑張ります」と語った。

またメインキャストの一人“鬼の一族”の首領・ダリウスを演じる岸本ゆめのさんは「たくさんの方の気持ちを裏切らないよう、そしてつばきファクトリーがグループとしての熱意を見せられるよう、千秋楽まで駆け抜けていきます。命懸けで戦うキャラクターたちのように、私たちも命懸けでこの作品に向き合っていきたいです」と意気込みを見せた

なお今回、メンバーの浅倉樹々さんが活動休止、そして新沼希空さんが怪我のために降板、当初の予定からキャスティングが変更になった。中でもメインキャストの梓を演じた小片リサさん、ダリウスを演じた岸本ゆめのさんはともに当初は別の役が予定されていたが、短期間で見事に役を自分のものにし、二人が演じる梓とダリウス以外は考えられないと思わせられるような、二人の世界観を作り上げていた。

また、本作は毎回日替わりゲストが登場することにも注目。初日公演にはモーニング娘。‘19 から石田亜佑美さん、牧野真莉愛さんが登場。芝居の間に、モー娘。ネタや牧野さんによる北海道日本ハムファイターズネタ、さらにお決まりの「真莉愛、とっても嬉しいです」のセリフなど、小ネタを挟み観客の笑いを誘った。日替わりゲストは、今後も7日(金)=モーニング娘。‘19 小田さくらさん、加賀楓さん、8日=アンジュルム 室田瑞希さん、川村文乃さんなど、ハロー!プロジェクトのメンバーを中心に連日二人ずつ登場する(詳しいラインアップは公式HPにて)。

なお、この日のゲネプロ前には、つばきファクトリーをはじめ、共演の清水佐紀さん、須藤茉麻さん、金光留々
さん(ハロプロ研修生)、小野田暖優さん(演劇女子部)、扇けいさん、日替わりゲストのモーニング娘。‘19 石田さん、牧野さんもマスコミ撮影に登場した。

演劇女子部 「遙かなる時空の中で6 外伝 ~黄昏ノ仮面~」は6月6日(木)~6月16日(日) 、 東京・池袋サンシャイン劇場 、 6月22日(土)、 23日(日)大阪・メルパルクホール にて上演。

つばきファクトリーの動画を観る

関連リンク

演劇女子部 「遙かなる時空の中で6 外伝 ~黄昏ノ仮面~」公式HP

関連商品

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。