東京パフォーマンスドール、念願の1stアルバム発売&中野サンプラザを控え勢い見せつけたライブ | GirlsNews

東京パフォーマンスドール、念願の1stアルバム発売&中野サンプラザを控え勢い見せつけたライブ

アイドルユニット/グループ ニュース
『ダンスサミット“DREAM CRUSADERS”~WE ARE TPD!さぁ、共に駆け抜けよう!~』
『ダンスサミット“DREAM CRUSADERS”~WE ARE TPD!さぁ、共に駆け抜けよう!~』

9人組ガールズグループ・東京パフォーマンスドール(通称TPD)がワンマンライブ『ダンスサミット“DREAM CRUSADERS”~WE ARE TPD!さぁ、共に駆け抜けよう!~』を14日、東京・渋谷TSUTAYA O-EASTで開催。1stアルバム『WE ARE TPD』を来週18日に発売、2月末から東名阪ツアー、そして3月26日に初の中野サンプラザ単独公演を控えて、その勢いやエネルギーを見せつけるようなライブとなった。

TPDはこの日のライブでも、アンコールの最後までMCタイムは一切なしのノンストップライブ。アルバム収録曲の『Stay Gold』から力強くスタートし、フルサイズでは初披露となった『BE BORN』へと続く。そしてこの“DREAM CRUSADERS”の目玉の一つ、大きなフラッグを使ったパフォーマンス。昨秋の初披露時より9人でさらに息の合った動きを見せていた。

続いてヒットシングル『逆光×礼賛』のイントロが始まると場内は大歓声、一気にヒートアップした。その後も、新生TPDのオリジナル曲のほか、先代TPDのNo.1ヒット曲『恋しさと  せつなさと  心強さと』など新旧織り交ぜたセットリストに。

全員でのパフォーマンス曲に加え、小林晏夕さんメインボーカルの『Swimmy』などユニット単位でのパフォーマンスも。中でも特に目を引いたのは、上西星来さんと脇あかりさんによる『果実』から始まる4曲メドレー。この日から新衣装になった二人のパフォーマンスは、ショートカットの脇さんが男性役に、上西さんが女性役で、TPDとしては異質なエロティックさすら感じさせるステージに。キスシーンのパフォーマンスなど観客は息をのむように見入っていた。

この日フルサイズで初披露した『It’s Up To Me』に続いて、最新シングル『純愛カオス』へ、後半はライブ盛り上がりナンバーが続き、場内の興奮は最高潮に。そして締めくくりの定番曲『RAISE YOUR HANDS』で本編の幕を閉じた。

大きな“TPD”コールに応え、ツアーTシャツに着替え、再び登場したメンバーたち。『ダイヤモンドは傷つかない』『DREAMIN’』の2曲を披露したあと、この日初めてのMCタイムへ。

リーダーの高嶋菜七さんから少し遅めの「新年あけましておめでとうございます!」を告げたあと、アルバムのリリースイベントや東名阪ツアーへの意気込みを語った。さらに小林さんが「新しいお知らせをしたいと思います!」と叫ぶと場内からは歓声が。「私たち東京パフォーマンスドールは、この度、タワーレコードカフェの応援大使になりました! 」と紹介すると、さらに大きな歓声で喜びを分かち合った。

神宮沙紀さんは、カフェのエプロンをつけてタワーレコードカフェのポスター撮影したことを振り返り、「私はバイト経験がなかったので、こういう格好ができて嬉しかったです!」と喜びを表した。このTPDオリジナルポスターは1月17日から全国のタワーレコードカフェとタワーレコードの店舗で掲示されるとのことだ。

東京パフォーマンスドールのアルバムのリリース記念イベントは15日(日)のHMV & BOOKS TOKYOほか関東を中心に、大阪、福岡でも開催。東名阪ツアーは2月26日(日)の恵比寿リキッドルームを皮切りに、3月12日(日)に名古屋ダイヤモンドホール、3月17日(金)に大阪BIG CATで開催。そしてこの26日(日)には中野サンプラザ公演が開催。

東京パフォーマンスドールの動画を観る

関連商品