兒玉遥、初の母親役に挑戦 主演映画『空のない世界から』が10月21日公開決定

兒玉遥
兒玉遥

元HKT48で女優の兒玉遥さんが、無戸籍の娘を持つシングルマザー役に挑んだ主演映画『空のない世界から』が10月21日、シネ・リーブル池袋ほかで、劇場公開が決定した。

本作は、日本がまだ世界各国に比べ支援が足りていない、そして支援があっても上手く浸透していない「シングルマザー」の現状を、より身近に感じて欲しいという願いを込めて生まれた。特に注目したのが、無戸籍になってしまう子供がいるという現実。日本には1万人の無戸籍者がいると言われている。学校に通えない、健康保険証がないから予防注射が受けられない、身分証明書がないからまともな働き口が得られない…生まれてきた子供たちにとって由々しき問題だが、それは親だけの責任なのか? そんな観点から「シングルマザー」と「無戸籍者」に焦点を当てた物語を創り出した。

2019年にHKT48を卒業し、本格的に女優として活躍を始めている兒玉さんが、シングルマザーとして懸命に生きながら、無戸籍である子どもに負い目を抱えながら葛藤していく姿を体当たりで演じている。

兒玉さんは「今回初めてシングルマザー役に挑みました。自分に与えられた環境の中で戸籍のない娘を育てるために必死で生きていく母親を演じています。困ったとき、弱ったとき『助けて』と声をあげて良い。そんなメッセージと共に見終えたときには、ちょっとした希望を感じられるような作品になっています。この作品を通して、人と人とのつながり、絆を感じてもらえたら」とコメント。

本作の監督は、俳優としても活躍する小澤和義が務め、佐藤江梨子、上村侑、窪塚俊介、本宮泰風、根岸季衣、小沢仁志らが出演する。

【ストーリー】
暴力を受ける旦那から逃げ出してきた麻衣香(兒玉遥)が辿り着いた場所は、郊外にポツリと佇むラブホテル。誰にも知られぬよう、住み込みで働きながら娘のさくら(つむぎ)を育てて早7年、さくらは小学校に通う年齢に。しかし戸籍を取得しておらず、麻衣香は娘にどうしてあげたらいいのか分からない。そんな時彼女の背中を押したのは、世の中から「必要ない」とされている人々だった。

【映画 特報映像URL】