アプガ(2)、“最初で最後の”Zepp Tokyoワンマンは大盛り上がり 12/28 年内ラストワンマン、2022年2月〜全国ツアー開催も発表 | GirlsNews

アプガ(2)、“最初で最後の”Zepp Tokyoワンマンは大盛り上がり 12/28 年内ラストワンマン、2022年2月〜全国ツアー開催も発表

ニュース
アップアップガールズ(2)
アップアップガールズ(2)

8人組アイドルグループ・アップアップガールズ(2)(以下、アプガ(2))が26日、東京・Zepp Tokyoでワンマンライブ『アップアップガールズ(2) Welcome to にきちゃんぱれーど』を開催した。公演内では、この日初披露された新曲『しあわせの半径』が11月26日の24時から配信リリースされること、そして、12月28日に新宿ReNYで年内ラストのワンマンライブ『アップアップガールズ(2)にきちゃん ねんまつ わんだーらんど』が開催決定、さらには2022年2月から4月にかけて全国ツアー『アップアップガールズ(2)ツアー2022』が開催されることが発表された。

アプガ(2)は、大きくステップアップしていくための必須課題として以前からZepp Tokyoでのワンマンライブを目標に掲げてきた。同ホールが2022年1月1日で営業を終了するため、この公演はアプガ(2)念願の最初で最後のZepp Tokyoワンマンライブとなる。メンバーがコンセプトやセットリストなどを考案。衣装はリーダーの高萩千夏がデザインを担当し、鍛治島彩がこの日のために作曲した新曲『しあわせの半径』の初披露もあった。また、今回のZepp Tokyo単独公演を成功させるために、10月からクラウドファンディングを実施。ライブ制作費、ライブ映像収録費、Blu-ray制作費、ライブ写真集制作費を募集し、11月中旬に目標金額を達成した。このメンバープロデュースのライブは、約1000人の観客を集め、楽しく熱いステージが繰り広げられた。

オープニングアクトのアップアップガールズ(プロレス)、アップアップガールズ(仮)に続いて登場した
アプガ(2)。今回のライブは「何でもありのサーカス」がコンセプト。大勢の観客が集まる中、ステージの幕が開くと、高萩千夏、吉川茉優、鍛治島彩、中川千尋、佐々木ほのか、森永新菜、島崎友莉亜、新倉愛海のメンバー8人が華やかな新衣装でステージに登場した。

ライブは、ディスコチューン『ぱーれぇ〜』からスタート。サーカスのテント小屋をイメージしたカラフルなステージセットで、ミラーボールがキラキラ輝く賑やかなパーティを楽しんだ。

最初のMCで高萩が「ついにZepp Tokyo来たよー!」「最初で最後、アプガ(2)にとってほんとに特別なZepp Tokyoです。みなさん、最後まで一緒に楽しんでいきましょー!」と声を上げると、観客は大きな拍手でメンバーの気合いに応えた。

ライブに戻ると、つんく♂が楽曲を手がけたクールなナンバー『かかって来なさい』、かわいいポップソング『愛について考えるよ』、未来を掴む思いが詰まったつんく♂曲『We Are Winner!』を立て続けに披露。

ユニットコーナーに入ると、高萩、吉川、鍛治島の初期メンバー3人が、キレのいいダンスパフォーマンスを見せる。そして、大人な雰囲気の『Stop Kidding Me』でかっこいい歌を響かせた。中川、佐々木、森永、島崎、新倉のメンバー5人は、11月16日に発売した1st EPに収録された『ハイライト』で、アクロバティクな動きやリボンとフラッグを使ったパフォーマンスを見せ、観客を楽しませた。

後半は白い衣装にチェンジ。『世界で一番かわいいアイドル』をはじめ、女の子らしい可愛いナンバーを次々と繰り出す。そして『二の足Dancing』『Be lonely together』といった盛り上げ曲でライブはクライマックスへ、

MCコーナーで、メンバーが個々にライブの感想を語っていった。
中川は「今日のライブを絶対成功させたい、最初で最後のZepp Tokyoのライブということで、私たちはすごい熱い気持ちでやってきました。今日のライブが、みなさんにとって絶対に忘れられない思い出になってくれたら、私はとってもうれちーこちゃんな気分になれます(笑)。私たちは、これからも上を向いてどんどん進んでいきたいです!」と思いを語った。

鍛治島は「ほんとに夢見てたZepp Tokyoに間に合ってよかったです。ほんとにギリギリセーフ、滑り込みセーフです! 私は、アイドルとしての武器はほぼ無いです(笑)。でも、私が一番自信を持って言える武器は、みなさんの愛なんです。私はみなさんがいたからここまで来れました。そして、メンバー8人揃ってステージに立つことができてます。8色揃ってます。すごくうれしいです。そして、私はみなさんに見つけてもらえてほんとにうれしいです。私は、みなさんにとって最高の掘り出し物になれるようにがんばっていきたいと思います。みなさんが人生を振り返ったとき、『あいつ、めちゃよかったやん!』と思ってもらえるような鍛治島になります! 輝きます!まだまだ楽しんでいきましょう!」と楽しくエモくライブの感想を語った。

高萩は「今日は、実はアプガ(2)が初めて単独ライブをした日で、私がリーダーに就任した日でもあるんです。特別な日に目標にしていたZepp Tokyoでワンマンライブができてほんとにうれしいです。ここまで来るのに時間がかかってしまいましたが、その分、考えられないくらいの楽しい時間になったと思います。でも、楽しいことのためには、辛いことや乗り越えなきゃいけない壁がいっぱいあります。そんな壁を、みなさんと一緒に乗り越えていけるアプガ(2)という場所、時間が私はほんとに大好きです。私は、これからも自分の大好きなことを精いっぱいやっていきたいです。今日はZepp Tokyoワンマンライブですが、いつかはZeppツアーができるくらいどんどん大きなアイドルになっていきたいです。ぜひみなさん、アップアップガールズ(2)の応援、これからもよろしくお願いします!」と、アプガ(2)の過去と現在と未来の思いを織り交ぜながら熱く語った。

ライブもいよいよ終盤戦。ここで、鍛治島がZepp Tokyoに向けて作曲し、歌詞を児玉雨子が手がけた新曲『しあわせの半径』が初披露される。人それぞれの幸せの価値観、人と人の絆を歌うバラード曲を、メンバーは気持ちを込めて歌唱し観客の心をしっかり掴んだ。

ライブラストスパートは、熱い夏の思い出を爽快に届けるロックナンバー『ナツメグ』。そして、鍛治島作曲のスカチューン『どのみちハッピー!』が届けられる。アプガ(2)は、カラフルな紙吹雪が舞う中、弾けるような楽しさで観客とともに熱く盛り上がり、最高の一体感を作り上げてライブは終わりを告げた。

■アップアップガールズ(2)にきちゃん ねんまつ わんだーらんど
12月28日(火)1公演目:15:30~/ 2公演目:19:00~ 新宿 ReNY

■アップアップガールズ (2)ツアー 2022
2月23日(水・祝)表参道 GROUND
2月27日(日)club SONIC iwaki
3月6日(日)福岡 DRUM SON
3月13日(日)新横浜 NEW SIDE BEACH!!
3月21日(月祝)秋田 CLUB SWINDLE
4月3日(日)静岡 ROXY
4月10日(日)柏 PALOOZA

アップアップガールズ(2)の動画を観る

関連商品

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。