矢作萌夏、19歳の誕生日に初のデジタルライブでオリジナル曲披露「夢は大きく”日本武道館に立つ”!」 | GirlsNews

矢作萌夏、19歳の誕生日に初のデジタルライブでオリジナル曲披露「夢は大きく”日本武道館に立つ”!」

ニュース
矢作萌夏
矢作萌夏

元AKB48の矢作萌夏さんが、自身19歳の誕生日である5日、初のデジタルライブを実施。1年半の活動休止期間に制作した自身作詞作曲のオリジナル曲を披露した。

15歳からアイドルとして活動していたが、17歳で惜しまれながらアイドルを卒業し学業に専念。同時にSNSの更新もピタリと止まり、1年半ものの活動休止期間が続いた。

これまでのTikTok投稿動画の総再生数約160万を突破し、矢作さんのファンはもちろん、[TikTok内のオススメ欄]に表示され新しく矢作萌夏の歌声から存在を知るユーザーも多いようだ。

デジタルライブでは自身の作詞作曲の『Shake it』『ピーターパン』『オノマトペ』に加え、視聴者のリクエストに応え、Official髭男dism『115万キロのフィルム』のカバーも披露した。

ライブ終盤本人からは「まだデビューが決まっているわけではないので、これからは修行の身で、自分で音楽を作って届けて。今まで一人で活動することがなかったのですごく不安ですが…夢は大きく”日本武道館に立つ”! 大きい夢をもって、がんばります!応援よろしくおねがいします!」と意気込みを語った。

関連商品