ナナランド 峰島こまき、初写真集のタイトルが『ふるさと』に決定 白いビキニ姿が眩しいオフショットも公開

峰島こまき 写真集オフショットより
峰島こまき 写真集オフショットより

アイドルグループ・ナナランドの峰島こまきさんが初の写真集を10月17日発売する。そのタイトルが『ふるさと』に決定。また通常版カバーの図柄とオフショットも公開された。

今回公開された通常カバーの図柄は、静岡・伊豆の海を望めるリゾートホテル内のプールで撮影したカットが採用。水面に顔を出しながら、カメラのレンズを真っすぐと見つめる画柄で、吸い込まれそうな美しい瞳と可憐な濡れ髪が印象的だ。

峰島さんは「写真集らしい顔がドアップな表紙に決まりました! 大人っぽさと、清純さを表現出来たと思います。プールの撮影では、水泳を10年間習っていたので、経験を活かせたと思っています(笑)。実はこのカットは、ほぼすっぴんなんです(照)。タイトルの『ふるさと』も、気に入っています。自分が育った静岡を、アピールできたと思います。私と一緒に、旅を楽しんでいただきたいです」とコメントしている。

また『ふるさと』のタイトルは、収録される写真の数々が、どことなく“ふるさと”という言葉が思い浮かべる事ができ、郷土愛を伝えたいという想いを込めて決まったという。

本作は彼女の故郷・静岡県をめぐる2泊3日の旅を写した作品となり、初挑戦のランジェリーショットや、タレント写真集では珍しい、実家での撮影も含まれている。

青空の下、ビーチで元気にはしゃぎ、沼津漁港の海鮮丼やうなぎなど、地元の名産品を笑顔でほおばったり、飼い犬や猫、水族館のイルカとたわむれ、実家ではリラックスしきった“素の表情”を見せ、夜には少しのお酒でほろ酔いになり、自身初となる下着の撮影ではこれまで見せたことのない大人の顔に…。彼女の魅力がつまった一作となっている。

発売記念イベントは、10月17日(月)ネットサイン会 、 10月19日(水)1対1オンライントークポート開催。そして10月22日(土)にはタワレコード池袋店で写真集お渡し会が開催予定となっている。

Comments are closed.