我妻ゆりか、鮮烈な赤いビキニ姿がまぶしい 昭和レトロ感じる「グラビアザテレビジョン」掲載

我妻ゆりか
我妻ゆりか

グラビアアイドルの我妻ゆりかさんが28日発売の雑誌「グラビアザテレビジョンvol.62」 (KADOKAWA)に登場。そのアザーカットも公開された。

我妻さんは生まれつき感音性難で幼い頃から補聴器をつけて生活。もともとコンプレックスだった補聴器・難聴を、今では個性の一つとプラスに変えて活動をしている。

今回の撮影を振り返り「レトロなスタジオで昭和を感じるような撮影でした! 衣装も凄く昭和風で私の好きな感じでテンションが上がりました!」と大満足の撮影となったようだ。そして「しっとりするような場面の撮影もあったのですが、入り込みすぎて泣きそうになってしまいました。撮影って楽しいなぁと改めて思いました。是非見て欲しいです」とメッセージを送った。

DVD『そんな君が大好きだよ!ちゅっ』も発売中。DVDの撮影は久々となったが、「初めて台本があったり、今までしてこなかったシチュエーションがあったり、撮影中は皆が見たらドキドキしてくれるかな…?って思うほど、ドキドキの連続でした!」と振り返り、「次もし撮影する機会がいただけなら…旅館で撮ってみたいです。温泉に入ってしっとりな感じも憧れます。浴衣は絶対着たいな!!夕方は遊園地とか牧場とかでデートするとか! でも南国で南の少女、お転婆な彼女、な感じで皆のことを振り回したい気持ちもあります。あとは、いろんなお仕事をしているパターンも、楽しそうだなって思います。いろんな場所で働いている私と恋愛…みたいな感じも憧れます! でも私はスポーツ体を動かすことも好きなのでいろんな部活の衣装も着たいな…。放課後とかクレープ食べたり…デートしたいです! したいことや着てみたい衣装が沢山あります(笑)」と、ちょっと欲張りに希望を語った。

そして「どんな設定でもなりきって皆のことをドキドキさせれるように頑張るので、もし新しいDVDを出すことになったら是非楽しみにしてほしいです!」と語りかけた。

撮影:田畑竜三郎

Comments are closed.