HKT48が主題歌を歌う映画で矢吹奈子と運上弘菜が共演「福岡で撮影された映画に出演できて嬉しい」

運上弘菜(HKT48)・矢吹奈子(HKT48)
運上弘菜(HKT48)・矢吹奈子(HKT48)

俳優・高橋克実が初主演で臨む、映画『向田理髪店』の完成披露上映会が15日、ユナイテッド・シネマ豊洲にて行われた。共演者の富田靖子、白洲迅、筧美和子、矢吹奈子(HKT48)、運上弘菜(HKT48)、そして森岡利行監督が、ともに登壇した。

本作は、地方の街で理髪店を営む家族を中心に、過疎化が進むこの街が抱える深刻な問題に直面しながらも賢明に生きる人々の姿を通じて、家族の絆や人の繋がりの大切さを伝える心温まる映画。

矢吹さんは役柄について、「私は国民的アイドルで、劇中で撮影が行われる映画でヒロインを務めています」と紹介。「裏表があったりもするので、そういう部分は自分とは全く違う。言い慣れないようなセリフの言い方もたくさん練習しました」と振り返った。

運上さんは「福岡を拠点に活動してるので、福岡で撮影された映画に出演させていただけて、とても嬉しいです」と挨拶。役柄について「街に嫁いできた中国人の香蘭(こうらん)を演じました」と紹介した。撮影での苦労を聞かれると「中国語で挨拶をすると思ってたので“ニイハオ”の発音を練習してたんですけど、まさかのカタコトの日本語でした」と笑顔で明かした。

また、本作の主題歌として、HKT48による楽曲『全然 変わらない』が映画に彩りを与えている。

矢吹さんは「自分たちのグループの曲が、こうして映画の主題歌になるとはほんとに思っていなくて、ビックリしました。とっても嬉しいです。曲名も歌詞も、とってもこの映画にぴったりだと思うので、皆さんに楽しんでいただけたら」とアピールしていた。

映画『向田理髪店』は、10月7日より福岡+熊本先行公開。10月14日より新宿ピカデリーほか全国公開。

    Comments are closed.