SKE48、ダンスで魅せた単独コンサート夜公演 7名のサプライズ昇格発表も | GirlsNews

SKE48、ダンスで魅せた単独コンサート夜公演 7名のサプライズ昇格発表も

AKB48グループ ニュース
「10周年突⼊ 春のファン祭り!~友達100⼈できるかな?~」
「10周年突⼊ 春のファン祭り!~友達100⼈できるかな?~」

アイドルグループ・SKE48が28⽇、愛知・⽇本ガイシホールにて、単独コンサート「10周年突⼊ 春のファン祭り!~友達100⼈できるかな?~」を開催した。

その夜公演では overture が終わると、少しずつメンバーが現れ、グループごとのダンスが始まった。そのままメンバー全員が揃ったところで SKE48 のダンスナンバー『Escape』(⾼⽊由⿇奈 ver.)が始まると、会場のボルテージも⼀気にヒートアップ。『⻘空⽚想い』、『賛成カワイイ』とおなじみのナンバーで会場を盛り上げた。

ユニットブロックでは、須⽥亜⾹⾥さんがセンターの『奇跡は間に合わない』では得意の軟体芸を披露し、⼩畑優奈さんがセンターの『思い出以上』と激しいダンスで、会場中を湧かせた。

ユニットブロックが終わると、1期⽣の松井珠理奈さんが率いる「珠理奈軍」と、キャプテンの⻫藤真⽊⼦さん率いる「真⽊⼦軍」に分かれ、ダンスバトルを開始。⻫藤さんがセンターで『Darkness』をクールにきめると、対する珠理奈さんは『⾚いピンフィールとプロフェッサー』を披露。お互い⼀歩も譲らない程の気合いの⼊ったパフォーマンスで会場を盛上げた。バトル終了後、⻫藤さんが「まだまだ珠理奈さん、SKE48 にいてください」と⾔うと、「泣いていいですか?」と珠理奈が答え、会場から⼤きな歓声が上がった。

須⽥さんは「SKE48 はダンスがウリだったのに、姉妹グループが増えて、⾃分たちと⾔えば…を⾒失いがちだったけど、本当に⾃分たちの記憶⼒と体の限界を超えながら、今⽇まで来れたことがとっても幸せで、すごく充実してました。 こんなに、ステージでもメンバーの笑顔が輝いているのって、なかなかないんじゃないかなって思います。 いつ⼊ったとか関係なく、今の SKE48 を引っ張るんだという⾃覚を⾃分たちで持ち、皆さんからの応援もあるからこそ⽣み出せたんじゃないかと本当に感謝しています」と挨拶した。

アンコールでは、⾼柳明⾳さんが「今⽇はあるゲストを呼んでいます」というと、本⽇出演した SKE48 メンバー65 ⼈にちなんだ、65 本の薔薇の花束を持って愛知県⼤村秀章知事が登場。⼤村県知事は「6 ⽉ 16 ⽇、ナゴヤドームで、AKB48 世界選抜総選挙が⾏われます。みなさん、(SKE48 メンバーを)全員上位にしてほしい」とファンに呼びかけると、会場から⼤きな歓声と拍⼿が沸き起こった。

続いて湯浅洋SKE48劇場⽀配⼈がステージに登場。「AKB48世界選抜総選挙がナゴヤドームで開催されることを喜んでおります。ありがとうございます。SKE48がこんなにも愛されてるということに感謝しますし、これからも応援してよかったと思えるグループを作っていきたいと思います。」とコメント。その後、サプライズ昇格発表を⾏い、⼤芝りんかさん、 岡⽥美紅さん、 倉島杏実さん、坂本真凛さん、⽩雪希明さん、 仲村和泉さん、野々垣美希さん、以上7名のサプライズ昇格発表を⾏った。

(c)AKS

SKE48の動画を観る

関連商品