橋本愛、シースルー素材のドレスで東京国際映画祭のレッドカーペットに登場 | GirlsNews

橋本愛、シースルー素材のドレスで東京国際映画祭のレッドカーペットに登場

ニュース 女優 映画・ドラマ
橋本愛 c2021 TIFF
橋本愛 c2021 TIFF

第34回東京国際映画祭が10月30日に開幕。東京国際フォーラムホールにて実施されたレッドカーペットに総勢42名のキャストや、多くの映画人で構成された豪華なゲストが華やかな姿で登場し映画祭を彩った。

続いて行われたオープニングセレモニーでは、橋本愛さんが、「コロナ以前はレッドカーペットの周りにお客様がいらして、年に一度、稀にある皆さんと交流できる楽しいイベントだったので、今年は熱気を感じるような空気ではないにしても、こういう状況で映画祭が開かれたんだということのありがたみを感じています」とコロナ禍での開催となった今年の映画祭への思いを語った。

“越境”という映画祭テーマに関して、「性別の違いや、世界各国、文化の違いといったさまざまな違いを認め合いながら、歩み寄るにはどうしたらいいかというのを、お互いに誠実に考え合うのが人との繋がりの中で大事だなと思っている」と語り、「そういった意識や、心、感性を育むことが映画の持つ大きな役割だと思う」と“映画祭の顔”らしく堂々と“越境”というテーマ、そして映画の持つ役割をアピールした。

最後に、「東京の名画座やミニシアターに足を運ぶとよく思うのが、映画館ごとのカラーや雰囲気が全然違っていて、座席やどんな映画を上映するのかというセレクトなど、その映画館にしかない魅力があって、その場所のその映画館にしかないという特別感が私は大好きです」と日本の映画館の魅力を世界に発信した。

第34回東京国際映画祭は、11月8日(月)まで、日比谷・有楽町・銀座地区を会場に行われる。

公式サイト:www.tiff-jp.net
©2021 TIFF

    関連商品