岡田結実、初の主演連ドラは“代表作”になる予感「不安もあるけどバンバンバンと撃っちゃいます」 | GirlsNews

岡田結実、初の主演連ドラは“代表作”になる予感「不安もあるけどバンバンバンと撃っちゃいます」

ニュース 女優
岡田結実
岡田結実

バラエティ番組に引っ張りだこでテレビの人気者になった岡田結実さんが昨年「女優宣言」。今年は1月から主演ドラマ『私のおじさん~WATAOJI~』(テレビ朝日系)がスタートするなど、特に女優としての飛躍が期待されている。そんな岡田さんに、昨年末、恒例の所属事務所の晴れ着撮影会にて2019年に向けての意気込みなどを語ってもらった。

--まず晴れ着撮影会に参加しての感想はいかがでしたか?

「年々緊張感を楽しめるようになってはきているんですけど、でもやっぱり未だに緊張します。今回は先輩も後輩も年齢の近い人たちばかりだったので、新世代の気合いを見せなきゃと思いました」

--2018年を振り返るとどんな年でしたか?

「『女優宣言』をさせていただいたことが大きかったなと思います。それによって、役者とバラエティを両立させるコツだったり、役者という仕事についてじっくり考えるきっかけになりました。昨年3月放送の2週連続ドラマ『静おばあちゃんにおまかせ』(テレビ朝日系)で初めて主演させていただき、あれがあったから今頑張れているという思いがすごくあって、自分にとって貴重な経験になりました」

--今年のお正月はどんなふうに過ごしたい?

「休みがちょっぴりあると聞いたので、毎年友達と年越しお泊まり会をしているんですけど、今年もできたらいいなと思います」

--さて2019年で「平成」は最後。新しい元号に変わりますが、もし自分がつけるとしたらどんな元号にしたい?

「ローマ字の頭文字が『A』から始まる文字をつけたいですね。『安全な未来』ということで『安未』(あみ)とか。ちょっと女の子の名前みたいですけど(笑)」

--そして2019年に向けての意気込みを。

「1月からドラマが始まるんですけど、まずそれを乗り越えないと私の人生は終われないなと思うので……」

--人生終われない?(笑)

「はい(笑)。演技の先生にも『この作品をきちんと演じて乗り越えられたら、結実ちゃんの代表作になるよ』と言っていただいているし、自分自身も台本を読んで代表作になるなと実感しています。そこで何かをつかめるか、つかめないかで終わってしまうか、不安ではあるけどとても楽しみなので、まずはバンバンバンと撃っちゃう勢いで、不安も迎え撃とうかと思います!」

--そして今春で高校生活も最後となります。

「私制服が大好きなので、もう制服を着れない、これからはコスプレになっちゃうと思うと本当に寂しいんです。高校で出会えた友達は大切にしたいですし、思い出も大切にしたいと思いますが、でもいい意味で、もらったものを捨てて、新しい自分になっていけたらと思います!」

岡田さんの連続ドラマ初主演作となる金曜ナイトドラマ『私のおじさん~WATAOJI~』はテレビ朝日系で1月11日スタート(金曜23時15分~ ※一部地域を除く)。

関連商品