浅川梨奈、「実力派巨乳」の紹介フレーズに苦笑い 最後には“通販キャスター”に!? | GirlsNews

浅川梨奈、「実力派巨乳」の紹介フレーズに苦笑い 最後には“通販キャスター”に!?

女優 映画・ドラマ
劇場版『咲-Saki-』初日舞台挨拶
劇場版『咲-Saki-』初日舞台挨拶

SUPER☆GiRLSの浅川梨奈さんが4日、TOHOシネマズ日本橋にて行われた劇場版『咲-Saki-』の公開記念舞台挨拶に、主演の浜辺美波さん、古畑星夏さんらとともに登壇した。浅川さんは冒頭、司会者から自らの役柄を紹介する「実力派巨乳」のフレーズに「すごい…」と苦笑い。またイベント終盤にはタペストリーなど本作のグッズを浅川さんがステージ上で紹介するが、「こちらお値段のほうが5000円でお釣りがきます!」「こちら4種類あります」などと、まるで通販番組のキャスターのようにグッズを売り込み、場内の笑いを誘っていた。

冒頭、そんな「実力派巨乳」と紹介された和(のどか)役について浅川さんは「性格が真反対なので、すごく大変だったというか、共通点を探しても探してもなかなかみつからなかったんですけど、作品を撮っていく中で、監督やキャストのみんなに支えてもらいながら、和を演じられるように精一杯頑張りました」と振り返った。

そして「中学生チャンピオンという設定もあったので、何よりも麻雀の手さばきをうまくしないといけないなと心掛けていたんですけど、終わったあと、監督から『手さばきだけは一番うまかったよ』って言っていただけて、『だけは』というのがちょっと気になったんですけど(笑)、すごく嬉しかったです」と喜びを表した。

また撮影時のエピソードについて古畑さんは、「これだけ女の子が集まるとガールズトークがすごすぎるんですよ(笑)。一番ぶっとんでたのが浅川ちゃん。(内容をバラすと)ちょっと営業妨害になっちゃうんですけど…」というと、浅川さんは「うちはNGないですよ」とあっけらかんとした表情。「でも言えない」と古畑さんは自粛しつつ、「女の子がこれだけ集まるとことはなかなかないので、ガールズトークが楽しかったです」と改めて語った。

そんな古畑さん、先週公開された映画『人狼ゲーム  ラヴァーズ』でも見せている、凛とした表情も印象的な美少女だが、サイン入りポスタープレゼントのコーナーでは、当選者の番号を読み上げる際、「O(オー)の8番」を「ゼロの8番」と読み間違えるという“天然”が炸裂。会場は笑いにつつまれた。

最後に浅川さんは、「ツイッターとかでみなさんの感想をチェックさせていただいているんですけど、思っていたより倍くらいお褒めの言葉が溢れているのがすごく嬉しかった。この作品に関われたことが嬉しいな思いますし、私自身、和ちゃんのこと、『咲』のことが本当に好きになりました」と笑顔で語った。

そして主演の浜辺さんは「この作品は初主演ということもあり、私にとってすごく特別な作品となりました。この映画がみなさんにとっても特別な作品になれば」と挨拶したところで、いきなり「一緒楽しも、そして川崎から(続けて舞台挨拶に)来られたみなさん、カン!」という声を上げた浜辺さん。映画を観た人はわかるというフレーズらしいが、わからない人にとっては「ポカーン」とした空気に。そんな浜辺さんを浅川さんは「頑張った、頑張ったよ。さっき楽屋で練習してたからね」とねぎらっていた。なお舞台挨拶には、山田杏奈さん、岡本夏美さん、長澤茉里奈さん、小沼雄一監督も登壇した。

映画『咲-Saki-』はTOHOシネマズ日本橋ほか全国公開中。

浅川梨奈の動画を観る

関連商品