清水富美加 & 松井玲奈、映画『笑う招き猫』で漫才師役に初挑戦 売れないコンビの波乱万丈な芸人生活を描く | GirlsNews

清水富美加 & 松井玲奈、映画『笑う招き猫』で漫才師役に初挑戦 売れないコンビの波乱万丈な芸人生活を描く

女優 映画・ドラマ
映画『笑う招き猫』より
映画『笑う招き猫』より

女優の清水富美加さんと松井玲奈さんが漫才コンビに初挑戦した映画『笑う招き猫』が4月29日に公開される。それに先駆け、映画のティザービジュアル&場面写真が公開。ビジュアルはSNS用のヒトミ(清水富美加)とアカコ(松井玲奈)の自撮り写真で、二人の息ぴったりな様子が伺える。

原作は女漫才師を描く友情譚の傑作であり、小説すばる新人賞を受賞した山本幸久の人気作『笑う招き猫』 (集英社文庫)。若手漫才コンビ「アカコとヒトミ」がお笑いの世界で奮闘し、挫折しながらも固く結ばれた女の友情のもと夢を追いかける青春物語となっている。

出演が決まった時の感想として清水さんは「『わー、大変そう、撮影前からもう辛い』というのが、台本を読んだ時の正直な感想です。漫才をやるということ、体を張ったりいろんな顔を見せなきゃいけないこと、セリフのあまりないシーンで淡々と過ごすという苦手なシーンも沢山だったからです」と、一方松井さんは「まさか自分が漫才師を演じるなんて、お話を聞いた時は不安しかありませんでした。でも、最初の台本を読んだ時には爆笑していました」という。

撮影が始まるかなり前から漫才稽古を始めたという二人。松井さんは「相方の清水さんと漫才ができたことは、とても貴重な経験です。毎日ワイワイとした現場で、学生時代に暗い思い出しかない私にとっては、個性的なキャストさんに囲まれて遅れて来た青春みたいでした」と語る。

本作の見どころについて、清水さんは「一つの夢に向かっていくことはとても輝かしいですが、現実はそんなに甘くない、悩みも不安も絶えない。そんな中でどうするのか見つけてゆく、選んでゆく。ただワイワイしてるだけではない人生を描いているところがこの映画の魅力の一つだと思います」と語る。そして松井さんは「ドラマから映画まで続けて見て、笑って泣いていただきたいです」とアピールした。

高城ヒトミ(清⽔)と本田アカコ(松井)は、「アカコとヒトミ」という結成5年⽬の売れない女漫才師。今日も小劇場の片隅で、常連客に向けて漫才を披露する毎日。そんなある日、いつもネタ合わせをしている河川敷で、ヒトミの自転車を盗もうとしている中学生を捕まえてから二人の冴えない運命が回り始める。初めてテレビのバラエティ番組出演が決まったり、番組出演をきっかけに大学時代の旧友と再会したり…。 漫才師として売れる兆しが見えてきた二人だが、とある事件をきっかけに糸が切れた凧のように飛んでいきそうになってしまう。 果たして「アカコとヒトミ」にはどんな未来が待っているのか…。

映画『笑う招き猫』は4月29日、新宿武蔵野館ほかで全国ロードショー。またそれに先駆け、ドラマ『笑う招き猫』(全4話)は大阪・ MBSで3月19日より毎週日曜24:50~、TBSで3月21日(火)より毎週火曜25:28~放送。ヒトミとアカコが芸人として奮闘する日々を描くアナザーストーリー的な内容となる。

関連商品

熱いぞ!猫ヶ谷!!Vol.4 [DVD] / Array

/ DVD バップ(2011-02-04)

定価:¥ 4,104

映画「笑う招き猫」【完全生産限定版】 [Blu-ray] / Array

/ Blu-ray キングレコード(2017-11-08)

定価:¥ 10,800