高橋優里花、初舞台『おとめ妖怪ざくろ』で相手役にドキドキ「見た目が怖かった」と明かす | GirlsNews

高橋優里花、初舞台『おとめ妖怪ざくろ』で相手役にドキドキ「見た目が怖かった」と明かす

ニュース 女優 舞台・ミュージカル

元・乙女新党で、現在は「いちごみるく色に染まりたい。」のリーダーのアイドル・高橋優里花が初舞台を踏む『おとめ妖怪ざくろ』が18日、東京・全労済ホール/スペース・ゼロで初日を迎えた。

本番直前に行われた囲み取材では、ざくろ役の野田和佳子、総角景役の遊馬晃祐、芳野葛利劔役の脇崎智史、花桐丸竜役の阿部快征、沢鷹役の安里勇哉、鬼灯役の富田麻帆、雪洞役の椙山さと美、そして、薄蛍役の高橋優里花が意気込みを語った。

舞台で脇崎さんとカップルを組む高橋さんは、劇中同様に初対面のときは脇崎さんを怖がっていたと言い、「見た目が怖かったので距離があったんですけど、やっと絆が生まれました。それを舞台で見せられたら」と緊張しつつも笑顔を見せた。初舞台で初めての“ラブシーン”にも挑む高橋さんは、「初めてづくしの舞台ですが、アニメでも好きだった殺陣シーンを見ていただきたいです」と意気込んだ。

オペラ歌手としても活躍する実力派の野田さんも「お芝居、歌、殺陣とあるので、おなかいっぱい楽しんでいただきたいです」とアピールしていた。

舞台『おとめ妖怪ざくろ』は、月刊バーズ(幻冬舎コミックス)連載中の星野リリィさんの少女コミックを原作に、『ミュージカル忍たま 乱太郎』などを手がける大和田悟史氏が脚本・演出を担当した。公演期間は2017年1月18日(水)~25日(水)※全12回公演

    関連商品