武井咲、夏目雅子が演じた『瀬戸内少年野球団』の教師役に | GirlsNews

武井咲、夏目雅子が演じた『瀬戸内少年野球団』の教師役に

ニュース 女優 映画・ドラマ

スペシャルドラマ『瀬戸内少年野球団』(17日午後9時よりテレビ朝日系)の完成披露試写会が8日に都内で行われ、主演の武井咲さんが共演する三浦貴大と、上映後に行なわれたトークショーに出席した。

本作は、戦後間もない淡路島の小学校を舞台に、少年野球を通じて希望を取り戻す人たちの姿を描いた作品で、1984年に公開され夏目雅子さんの遺作となった同名映画の最映像化となる。

夏目さんが演じた教師役に挑戦した武井さんは、夫の正男役で共演した三浦さんの印象を「正夫さんにしか見えませんでした」と褒めると「役者として作品に出る時は”三浦貴大が出てる”と思われたら負けだと思っているので、そう言ってもらえるのは嬉しい」と三浦さんは喜んだ。

一方、武井さんの第一印象を聞かれた三浦さんは「顔ちっさ!と思いました」と率直な感想をもらして会場を沸かせた。美人恐怖症だという三浦さんは「キレイだなと思う人が目の前にいると顔も見れない。こっそり見てましたけど」と照れながら笑った。

武井さんが撮影中に可愛くてしょうがなかったという生徒役の子供たちがサプライズで登場すると、「びっくりした、嬉しい!」と大感激し、子どもたちを抱きしめるようにして「生徒です。可愛いでしょう?」と自慢した。

撮影の際には、子供たちの一人ずつに手紙を書いたという武井さんは、お返しの手紙とメッセージ入りのボールをプレゼントされ、「もう、たまらないですね。」と目に涙を浮かべて喜んでいた。

最後に武井さんは「希望にあふれた、真っすぐな作品になっています。32年ぶりのリメイクですが、今この時代に私が演じることができて良かったと思う」とアピールした。

    関連リンク

    テレビ朝日「瀬戸内少年野球団」

    関連商品