乃木坂46 ハタチメンバーが乃木神社で晴れ着姿をお披露目 中西アルノ「20歳になってからも頑張っていきたい」

アイドルユニット/グループ ニュース
乃木坂46 晴れ着姿お披露目(乃木神社)より
乃木坂46 晴れ着姿お披露目(乃木神社)より

乃木坂46で、2022年4月から2023年3月にかけて20歳となる、伊藤理々杏、柴田柚菜、矢久保美緒、池田瑛紗、中西アルノの5名が6日、グループのゆかりの地・乃木神社にて、晴れ着姿をお披露目した(掛橋沙耶香はケガの治療のため欠席)。

乃木坂46のメンバーが、乃木神社で初めて新成人式を開催したのは2013年。当時成人を迎えたのは、衛藤美彩、白石麻衣、橋本奈々未、松村沙友理の4名だったが、今回で実に11回目となる。

乃木神社は、今年設立100周年という節目の年となり、5名のメンバーは20歳の抱負を語った。

それぞれ、
伊藤理々杏「13歳のときに乃木坂46に加入し、無事に20歳を迎える事が出来て本当に嬉しいです!」
柴田柚菜「グループの先輩方の成人式を拝見してきましたが、ちょうど今年で設立100周年を迎えた乃木神社でお披露目できたことは本当に嬉しいです!」
矢久保美緒「何よりも母親が喜んでくれて、恩返しができたと思います!」
池田瑛彩「憧れの場所でもあったので、嬉しい限りです!」
中西アルノ「乃木神社でお披露目出来ると思ってもいなかったので本当に嬉しいのと、20歳になってからも頑張っていきたいです!」
と力強いメッセージを残した。

また記者から、恒例となった「20歳を迎えたメンバーを●●世代と銘打つなら?」という質問に対しては、「うさぎ年に20歳を迎えるというのは、何かしら意味があるので、どんどん上に飛んでいきたいという思いも込めて、“乃木坂ピョンピョン世代”」と伊藤理々杏が力強く語った。

乃木坂46の動画を観る

Comments are closed.