LinQ、今年ラストの東京ワンマンはハッピーなクリスマスムードいっぱい 新曲を東京で初披露

アイドルユニット/グループ ニュース

九州発の7人組アイドルグループ・LinQが9日、ワンマンライブ『LinQ 2022 ラストワンマンツアー「Winter Magic〜in TOKYO」』をSHIBYA RINGで開催。公演内では新曲『Winter Magic』を東京のファンの前で初披露した。

東阪福ツアーの2公演目となったこの日のライブ。7人は、メンバーカラーを生かした可憐なサンタコスチューム姿で登場。会場のファンの目をハートにした。

序盤から可愛くハッピーなムードの楽曲を次々と繰り出し、パーティムードがいっぱいに。ユニット曲では、お姉さんチーム4人と、ティーン3人組に分かれてパフォーマンス。それぞれ元気いっぱい、キュートな歌とダンスで魅せた。

新型コロナ感染拡大防止の観点からこの日も声出しの応援は禁止されていたが、序盤から大きな盛り上がりを見せ、それは楽曲パフォーマンス中はもちろんMC中でも。髙木悠未さんは「東京の人たちは特にリアクションがいいよね」と感心していた。

中盤には新曲『Winter Magic』を東京で初披露。楽曲を手がけるYuya Fujinaka氏 & 振付師・槙田紗子氏という、SNSでバズっている楽曲のクリエイターたちによる作品で、「この曲もSNSでバズったらいいな」と話す金子みゆさん。彼女からの楽曲紹介に続いて、メンバーたちがファンに向け振付をレクチャーした。これまでのLinQ楽曲の中でも特に可愛さ際立つウィンターソングを、ファンも曲中一緒に手振りをして盛り上がった。

後半も『ふたりの愛SCREAM』など可愛いさいっぱいの楽曲を続々披露し、“替え玉”(アンコール)も含め全10曲を披露した。

ラストのMCではサブリーダーの海月らなさんが「2022年も関東のファンのみなさんにすごくお世話になったなと改めて思います」と感謝を表した。「関東では大きなイベントや対バンライブに出演させてもらうことが多くて、そのときに関東のファンのみなさんの力を借りているというか、いろんなアイドルさんと闘う現場が多くて、(地元の)福岡よりも東京でのほうが難しく感じるんですね、私たち的に。そういうときも、関東のみなさんが応援してくれたり、LinQの出番が少なくても応援に駆けつけてくれたりして……。みなさんがいてくれたからイベントに呼んでいただけるし、7人体制になってもライブをすることができます。いつも応援ありがとうございます!」とメッセージを送った。年明けには新メンバーが加入、2023年はまた新たな魅力のLinQを見せてくれそうだ。「来年もきっとたくさん関東に来ると思うので、これからもLinQの応援よろしくお願いします!」と海月さんが語りかけた。

なおツアーファイナルとなる『LinQ 2022 ラストワンマンツアー「Winter Magic〜in FUKUOKA」』は25日、福岡・スカラエスパシオで開催される。

LinQの動画を観る

Comments are closed.