桃色革命、今年の夏こそTIFに 出場をかけた全国選抜ライブに全力投球 | GirlsNews

桃色革命、今年の夏こそTIFに 出場をかけた全国選抜ライブに全力投球

アイドルユニット/グループ ニュース 音楽

アイドルグループ「桃色革命」が、この夏に開催される「TOKYO IDOL FESTIVAL(TIF)」への出演権をかけて「TIF2019 全国選抜LIVE」に参加している。21日に新宿ReNYで開催される「関東・北陸 Aブロック決勝戦」を突破すれば、最初の1組目としてTIF参加の切符を手にすることが出来るという。

GirlsNewsは、決勝戦を目前にした桃色革命のメンバーにインタビュー、TIFに寄せる想いや、大会へ向けての意気込みを尋ねた。

--昨年11月にメジャーデビューをされましたが、今年に入ってメンバーが少し入れ替わったようなので、まずは小桃音さんから近況を教えて下さい。

小桃音まい「今年に入ってまだ3ヶ月なんですが、かなり大変なことが続きました。まず、正月早々にメンバーが次々とインフルエンザになってしまい波乱の年明けでしたね。もう毎年恒例みたいになっているんですが、今年はメンバーがなかなか揃わなかったり、本人不在の生誕祭があったりと大変でした。ようやくそれを乗り越えて、2月は中心メンバーだったゆかフィン(池田優花)の卒業があったんですけど、彼女はグループのムードメーカーだったので 抜けたあとが不安でした。今もちょっと寂しい気持ちはあるんですけど、それを乗り越えて新しい気持ちで頑張って行こうと思ってます」

--6期の新メンバーも加入されましたね。

「元コスメティックロボットの楠花純ちゃんと、大阪在住の朝比奈きらりちゃんの二人が新メンバーとして加入したので、ちょっとパワーアップしたかなと思っています」

--去年は惜しいところでTIFへの出場を果たせなかったそうですが。

「私はソロでの活動も含めて、最初のTIFから8年連続で出ていたんですけれども、9年目にして初めて出ることが出来なくて、めちゃくちゃ悔しかったです。去年は出場権を懸けたSHOWROOMの企画に参加して予選を勝ち抜いていったんですけど、最後の最後、あと一歩というところで落ちてしまいました。すごくギリギリの差だったので、それが余計に悔しくて。必死でアピールしたり、宣伝したり、できる限り全力を出し尽くしたつもりだったんですけれども、それでもダメなのかとすごく悔しかったです」

--もうコリゴリだとは思わなかったですか?

「去年のことがあるので今年も不安はありますけれども、出場できなかった悔しさをバネにして、前向きに頑張ろうと思っています」

--そこまでしてTIFに出場したい理由は?

「以前にTIFに出ていたときの映像を見て『すごいね』って言っていただくことがあるんですよ。大きなステージでやってるのがすごく気持ち良さそうで楽しそうだって。桃色革命を小さなライブハウスでしか見たことがないという人たちにも、もっと大きな会場で素敵な景色を見せたいと思うんです。今はTIFに出たことがないというメンバーも多いので、一緒にあの楽しさを味わいたいというのもありますし、TIFで私たちを初めて見る人にも、曲の楽しさや盛り上がる様子を魅せつけて、ひとりでも多くに桃色革命を見つけてもらいたいなと思ってます」

--最近はTIFへの出場が以前よりも狭き門になっているようです。

「TIFが始まった年はまだアイドルのグループの数も少なくて、デビューしてある程度頑張っていれば、認めていただいて出られる感じでした。でも、アイドルが増えるたびにどんどん狭くなっていきましたね。最近は選考の基準も変わってきたようで、常連だから出られるということはなくて、それよりも新しいアイドルを発掘しようみたいに変わってきたのかなと感じます」

--今年も出演権を懸けた企画に参加されているそうですね。

「今回は全国選抜LIVEに参加していて、SHOWROOMの予選を勝ち進むことができたんですけど、21日のライブで決勝が行われるんです。会場に来てライブを観てくださった方の投票によって、TIFに出られるかどうかが決まります」

--決勝戦に向けての展望などありますか。

「今回は“1人2票を別々の候補に投票すること”というルールがあるんです。なので、私たちのファンの方にたくさん会場に来ていただいて投票してもらうのはモチロンなんですけど、そうでないファンの人たちにいかにして2番めに投票してもらうかがすごく重要なんですね。ライブでは私たちのファンの方に楽しんでもらうのは当然なんですけど、他のファンの方たちも純粋に“楽しかった”って思ってもらって、“こんなに楽しいんだったらTIFに出場してほしい”って投票してもらえるように 会場全体を巻き込むパフォーマンスをして、桃色革命ならではのライブの楽しさが伝わればいいなと思います。
実は同じような形式のイベントに出場した経験があるのですが、会場のみんなが自分の応援しているアイドルを勝たせたくて、わざと人気のなさそうな候補者に投票してしまうと、順位が逆転してしまうんですよ。“絶対このグループが勝つな”と思ったところが負けてしまったりするので油断ができません」

--確かにライブで“あそこはファンの数が多そうだ”と思われると、投票を避けてしまうかもしれませんね。

「この前のイベントでファンの人たちに“人気があると思われたら不利なので、わざと人気がないように見せよう”と冗談で言ったりもしたんですが、やはり、ライブを見ていいなと思ってもらえるように正攻法で行きたいと思います。お客さんには、純粋に良いと思ったものに投票して頂いて、それで負けたなら納得できるし、ただ負けないように全力で頑張ります」

--では、他のメンバーのみなさんにも決勝ライブに向けて、それぞれの意気込みをお尋ねします

児玉せりか(1期)「もうチケットが完売になっているので、2票目がすごく重要になっています。前回はSHOWROOMだけでしたが、やはり生のライブでメンバーの顔や踊っている姿を観て見てもらった方が気持ちも伝わるはずなので、曲を聞いていいなと思った方に投票してもらえたらと思います」

相沢美玲(2期)「去年はTIFに出場しているほかのアイドルさんが会場の様子をツイートしていたりするのを見て、すごく羨ましかったし、悔しかったです。今年こそ絶対に出て、素敵な夏にしたいなと思っています。予選はブロックに分かれているので、他のブロックのアイドルファンの方に“桃色革命をTIFで見たい。TIFにおらんのおかしいやろ?”と後押ししていただけたらと思っています」

星宮琴都(5期)「去年は悔しかったですが、メジャーデビューをさせていただいたり、メンバーも入れ替わったりして桃色革命も進化しているので、今の桃色革命をもっとたくさんの人に知ってもらいたです。TIFをきっかけに、一人でも多くの人に好きになってもらえたらいいなと思っています」

北澤鞠佳(5期)「私は桃色革命に入る前もアイドルをしていたんですが、TIFには一回も出たことがなくて、どんな世界なのか見てみたくて仕方ありません。今年こそは何が何でも出たいなと思っています。去年はSHOWROOMの配信だけだったのですが、桃色革命はライブが楽しいグループなので、今回はその強みを活かして全力を出したいと思います。桃色革命を初めて見るという人でも、思わず一緒にコールしてしまうようなパフォーマンスを見せたいです」

茜屋さき(5期)「私も3、4年ぐらいアイドルをやっていて、まだ一回もTIFに出たことがないんです。今度のライブで優勝すれば、TIFに出場する最初の一組目に決まるので、みんなで気合いを入れて頑張りたいと思います。桃色革命はフリコピをしやすい曲が多くて、初めでもマネがしやすいので、決勝戦ではそういうセットリストでいけば、みんながノッてくれるかなと考えています」

楠花純(6期)「去年は解散したコスメティックロボットというユニットで活動していたのですが、TIFには出場できずに悔しい思いをしたので、今年は桃色革命として絶対に出場したいです。決勝戦のライブではお客さんも一緒に笑顔になってくれたらいいと思うので、私たちも笑顔100倍で頑張ります」

--TIFも大きな目標ですが、それぞれの今の目標を最後に聞かせてください。

相沢「メジャーデビューをしたときにアドトラックを渋谷などで走らせてもらってすごく嬉しかったんですけれども、次のシングルのときにもたくさんの人に注目してもらいたいです。音楽番組に出演してスタジオライブをするのが目標です」

小桃音「『COUNT DOWN TV』とか『ミュージックステーション』とかもモチロンですが、『FULL CHORUS』というハロプロの方がよく出ているBSスカパー!の番組に出たいです。タイトル通りフルコーラスで歌わせていただけるので、桃色革命の曲をしっかりと味わってもらえると思います。
個人としては今年でデビュー10周年を迎えて、4月13日に表参道で記念のライブを開催します。久々にソロで歌うので、ぜひ観に来てくれたら嬉しいです」

児玉「最近、卒業していったメンバーもいるのですが、当分は卒業メンバーを出したくないですね。新メンバーも入って、これからは固定したメンバーで心置きなくパワーアップを目指したいです」

星宮「私はアイドルが好きで、YouTube を見たりライブに行ったりすることも多いのですが、ほかのアイドルさんと共演することで吸収できることも多いので、大きなフェスなどに出演したいです」

北澤「もっともっと大きなライブハウスでライブをしたいです。広々としたところで高らかに歌い上げたいので、武道館や横浜アリーナのステージに立ちたいです。東京オリンピックで会場が使えなくなるそうなので、その前に出たいですね」

茜屋「メジャーデビュー曲『カタオモイ』のMVを新宿の大きなビジョンで流していただいたのですが、私は正規メンバーに昇格したばかりでソロパートがなかったので、後ろでちょこっと写ってるだけでした。次回こそは自分の顔がドーンと映るMVがあちこちで流れるといいなと思います」

「まだ入ったばっかりなので、まずは正規メンバーになることですが、ずっとアニメが好きなのでアニメとのタイアップでオープニングやエンディングの曲をやりたいです」

    関連商品