エビ中、13日発売のニューアルバムにクドカン作詞曲を収録「“元気出さないとおじさんになっちゃうよ”という曲」 | GirlsNews

エビ中、13日発売のニューアルバムにクドカン作詞曲を収録「“元気出さないとおじさんになっちゃうよ”という曲」

アイドルユニット/グループ ニュース
私立恵比寿中学
私立恵比寿中学

アイドルグループ・私立恵比寿中学(略称:エビ中)がニューアルバム『MUSiC』を13日に発売。今回、新たに宮藤官九郎が作詞を手掛ける新曲『元気しかない!』が収録されることが明らかになった。またそのミュージックビデオも公開された、

現在までに、アルバムより先行配信シングルとして配信中の「ウインターカップ2018」大会公式テーマソング『BUZZER BEATER』、吉澤嘉代子書き下ろしの『曇天』、VTuberとしても活躍する東雲めぐを迎えた『明日もきっと70点 feat.東雲めぐ』ほか、計11曲が発表となっていた。

かつてエビ中が参加した、グループ魂の港カヲル(皆川猿時)ソロアルバム『俺でいいのかい』(2017年)収録の『女子力発電おじさん ~私立恵比寿中学に迷いこんだ港カヲル~』の作詞を宮藤官九郎が手がけており、今回はそのアンサーソングがエビ中のアルバムに収録されることとなる。

「前回は“おじさんに元気になってもらう曲”でしたが、今回は“ちょっと元気出さないとおじさんになっちゃうよ”という曲」(宮藤官九郎)とのことで、曲中“おじさん”には2年前に続き、港カヲル(皆川猿時)が登場、再共演を果たした。

また作曲を今年結成35周年を迎えるパンクバンド“ニューロティカ”のKATARU、編曲をニューロティカが手がけ、元気いっぱいのパンクロックチューンに仕上がっている。

そして、宮藤官九郎によるコント指導を交えて行われたレコーディング時の映像を使用したミュージックビデオも同時に公開され、元気いっぱいに演じるエビ中メンバーに加え、港カヲル(皆川猿時)、ニューロティカのメンバー、そして宮藤官九郎といった“おじさんたち”との共演が見ものだ。

■『元気しかない!』ミュージックビデオ

私立恵比寿中学の動画を観る

関連商品

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。