岡本夏美、アイドル歌手としてライブ 元気いっぱいに“ゴクドルズ”の歌とダンスを披露 | GirlsNews

岡本夏美、アイドル歌手としてライブ 元気いっぱいに“ゴクドルズ”の歌とダンスを披露

アイドルユニット/グループ ニュース 女優 映画・ドラマ

女優の岡本夏美さんが21日に都内で行われた、出演映画『BACK STREET GIRLS -ゴクドルズ-』の完成披露イベントに登壇。岡本さんは、劇中、松田るかさん、坂ノ上茜さんとともに、極道の男たちが全身整形して女性になった後の3人組アイドル”ゴクドルズ”のメンバーを演じているが、この日のイベントでは初めて観客の前で“ゴクドルズ”のライブを実施。元気いっぱいに歌とダンスを披露した。

極道を貫いてきた男たちが、まさかの全身整形でアイドルデビューするという、奇想天外なストーリーの本作。思いもよらず人気急上昇し、次第にアイドルとしての自分に目覚めながらも、極道である本来の自分と女心の間に揺れながら、そして葛藤しながら、アイドルとして生きていく男たちをコミカルに描いている。

イベントでは、まず1年前に行われたという撮影のエピソードを、キャストたちのトークで振り返った。白洲迅さん演じる“兄貴”山本健太郎の全身整形後のアイリを演じる岡本さんは「どうしたら男っぽく見えるかと、ずっと迅くんのお酒の飲み方や泣き方など仕草を見て真似していました。撮影の最後のほうではすっかり男っぽい雰囲気になっていました」と語った。そして「可愛いアイドルでありつつ、カッコいい兄貴でいなければならない。その二面性が難しく、みなさんに助けられ、ギリギリできました、という感じです」と苦心したことも明かした。

そんな岡本さんと同一人物役を演じた白州さんは「初対面で同じ役をやるにあたって、どういう子が来るんだろうと思っていましたが、最初に岡本さんと話してすぐに安心しました」と率直な印象を語りつつ、「一番年下なんですけど、一番しっかりしている。リーダーシップもあるし」と絶賛した。

岡本さんはアイドルとしてのパフォーマンスのシーンの撮影のために、“地獄の特訓”も受けたという。「振り付けのとき、できずに悔しい思いを何度したことか、みなさんに支えられてアイドルができたなと思います」と安堵の表情を見せた。

その後、“ゴクドルズ”としてライブパフォーマンスを披露。『恋して♡愛して♡養って♡』『ゴクドルミュージック』『恋のサカズキ』の3曲を元気いっぱいに披露した。イベントの冒頭で「久しぶりにアイドル衣装を着てワクワクしています。みなさんに楽しんでいただけたらと思います」と語っていた通り、楽しそうに歌い踊る姿が印象的な岡本さんだった。

この”ゴクドルズ”は2月13日にアルバム『IDOL Kills』でリアル・デビューも果たす。なおこの日のイベントには、柾木玲弥さん、花沢将人さん、原桂之介監督も登壇した。

映画『BACK STREET GIRLS -ゴクドルズ-』は2月8日に公開。

関連商品