READY TO KISS、全員でタイキックに挑戦 新曲『タイに行きタイ』で「タイの観光大使になれるくらい頑張りたい」 | GirlsNews

READY TO KISS、全員でタイキックに挑戦 新曲『タイに行きタイ』で「タイの観光大使になれるくらい頑張りたい」

アイドルユニット/グループ ニュース
READY TO KISS
READY TO KISS

7人組アイドルグループ、READY TO KISS(読み・レディートゥキス)がニューシングル『タイに行きタイ』を5日に発売。当日には東京・ららぽーと豊洲にて新曲発売記念イベントを開催した。

2013年10月に結成。メンバーは、リーダー・千葉咲乃をはじめ、上原歩子、清川麗奈、天羽希純、佐々木美帆、牧野広実、春川桃菜の7人で、キュートなルックスながらロックテイストな楽曲を持ち曲に、熱いパフォーマンスが持ち味だ。

会場には、約500人ファンが詰めかける中、タイの民族衣装を着て新曲をはじめ、同カップリング曲から『ゴールデン・マンゴーパフェ』『自由な女神』『サイレンとジェラシー』の全4曲を熱唱。

また、タイに関するクイズが出題され、一番回答ができなかったメンバーへの罰ゲームで痛いタイ式風足ツボマッサージを施行し、タイキックの達人のモハメド・バハラミ氏を迎えてのタイキック講座「教えて!タイキック」では、メンバー全員がタイキックに挑戦するなど、最後までタイの雰囲気いっぱいのステージで楽しませた。

清川さんは「今年5月にアジアツアーを6カ所でやらせていただき、海外はタイと香港で行ってきましたが、タイは何度行ってもすてきな国ですね。そんなタイをモチーフにした新曲が歌えてうれしいです」というと、上原さんは「新曲は、失ってしまった大切な人との思い出の場所にもう一度行って、心の旅に出ようというせつない曲なんですけれど、聴く人がその大切な人を思い浮かべながら聴いてもらえたらいいなと思います。そして、この曲を聴いてタイに行ってみたいなと思っていただけたらうれしいですね。ポップな曲調で、せつない歌詞ですが、これを歌うとライブではすごく盛り上がるんです。日本人だけではなくタイの人にも聴いていただきたいですし、タイの観光大使になれるくらい頑張って歌っていきたい」とアピールした。

そして、リーダーの千葉さんは「タイという国は、住んでみたいと思うくらい好きです。そんなタイをモチーフにした今度の新曲を大ヒットさせ、私たちのことを誰もが知っているような国民的アイドルグループを目指して頑張りたい」と話していた。

9月22日にタイで2回目のワンマンライブが決定。その後、10月17日に5周年記念ワンマンライブを東京・新宿BLAZEで行うが、同ライブは無料で観覧できることが発表された。

■READY TO KISS 『タイに行きタイ』 ミュージックビデオ

関連商品