渡辺麻友が最後のAKB48劇場公演「急に実感がわいてきて寂しい」 | GirlsNews

渡辺麻友が最後のAKB48劇場公演「急に実感がわいてきて寂しい」

AKB48グループ アイドルユニット/グループ ニュース
渡辺麻友
渡辺麻友

大みそかのNHK紅白歌合戦を最後にAKB48グループを卒業する渡辺麻友が26日、秋葉原のAKB48劇場で最後の公演を終え、公演後に報道陣の囲み取材に応じた。

渡辺さんは卒業公演を終えた感想を「12歳でオーディションに合格して、前だけを見てひたすら駆け抜けて来たので、今こうして最後の劇場公演を終えて、11年間が幕を下ろそうとしているんだなと急に実感がわいてきて寂しいですね」と語った。

いよいよグループからの卒業を前に“やり残したことや悔やんでいることは?”と聞かれると「さっきの卒業公演でセンターを務めた『ラブラドール・レトリバー』の曲紹介で、曲名がいつもうまく言えなくて甘噛みしていたんです。最後だったので“ゼッタイ今日はしない!”と意気込んでたのに見事に今日も甘噛みしてしまって、結局最後まで言えませんでした」と明かしたが、「11年間、やり切った。ホントにもう悔いはないです」と語った。

ノースキャンダルで歩んできた王道アイドルの11年だったが、卒業後の“恋愛解禁”について、「そうなっちゃいますね。機会があれば、できたらいいなと思います。今までしてこなかったので“自分大丈夫かな”って怖さもあるけれど。仕事好きでそっちに熱中しちゃうので、あんまり結婚はイメージできない。全然思い描けていないです」と、あまり積極的ではない様子だった。

また、“AKB48のメンバーとして自己採点すると?”と聞かれると「150点です! 11年間真っ直ぐに頑張ってきたと思うので、それくらいつけてあげてもいいかな」と満足気に答えた。

最後に“渡辺さんにとってAKB48とは?”と求められると「私の“人生”といっても過言ではないです」と誇らしく胸を張っていた。

    関連商品