アフィリア・サーガ、新曲『魔法のチョコレート伝説』キャンペーンでコスプレを披露 | GirlsNews

アフィリア・サーガ、新曲『魔法のチョコレート伝説』キャンペーンでコスプレを披露

アイドルユニット/グループ ニュース 音楽

NEWシングル『魔法のチョコレート伝説』の連続キャンペーンを開催中のアフィリア・サーガが、フラゲ日となる24日にタワーレコード渋谷店でミニライブを行った。

アフィリア・サーガの連続キャンペーンでは日替わり衣装が恒例となっている。この日のメンバーたちはそれぞれがお気に入りの“コスプレ”で登場して先輩(ファン)たちを喜ばせた。アニメやゲームの主題歌を数多く歌うアフィリア・サーガだけあって、コスプレが趣味というメンバーも多く、それぞれが気合の入った衣装で先輩たちの目を楽しませた。

新年からリーダーとなったマホさんと、コヒメさんは、アニメ化もされている人気ゲーム『STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)』のキャラクターに扮し、ミニライブのセトリにもこのゲームの主題歌を組み入れて先輩たちにアピールした。

この日に誕生日を迎えたナナさんは、園児のコスプレで「ナナは7歳なので若々しいコスプレをしてみました」と紹介すると、周りのメンバーから「7歳はもう小学生だから!それにナナはもうお酒の飲める年齢のはず!」と激しいツッコミを受けた。それでも、メンバーと先輩たちから、ハッピーバースデーの祝福を受けたナナさんは満面の笑みを浮かべ、「リリースイベントでお祝いをしてもらうのは3回目なんですけど、その前にもファンとしてアフィリア・サーガのイベントに来て、メンバーから“おめでとう”って言ってもらってました」と満足そうに語っていた。
GirlsNewsでは、イベント前に、マホ・ユミ・ナナの3人に話を聞いた。

■いよいよ新曲が発売ですね。聞きどころを教えてください

マホ「新曲はバレンタインにぴったりの曲で、ただの恋の歌じゃなくて応援歌ソングにもなっています。誰が聞いても楽しめる歌になっていると思います。MVも公開されていて“エクストリーム・チョコ渡し”という変なチョコ渡し方をメンバーの一人一人がしているので、悩んでいる女の子はぜひマネしてみてほしいと思います」

■カップリング曲についても教えてください

ユミ「“この歌に永遠の愛を捧ぐ”は今回のツアーのテーマソングになっていて、振り付けをラッキィ池田先生にしていただきました。先生独特の壮大な振付けで、サビの部分は波をイメージしていて、先輩と一緒にやって盛り上がれる曲になっています」

■リリースイベントもすでに始まっているそうですね

マホ「大阪・名古屋から始まった連続キャンペーンも4日目で、これまでは予約イベントだったのですが、今日はフラゲ日なので直接先輩の手元にCDをお届けできます。やっぱり、本物がそこにあるって嬉しいので、きっとタカまりかたも違うと思います。今日からは販売イベントとして、たくさんの人にCDを届けられるようにミニライブも盛り上げていきたいと思います」

ナナ「一足早くCDを手にしたのですが、種類がいくつかあって、一つ一つに特典の映像や、入っている曲が違うので、それぞれを楽しんでもらえたらと思います。ジャケットもメンバーごとに変わっているので、見ても楽しんでもらえると思います」

■振付けに以前の曲のイメージが被る部分がありましたが

ユミ「実は前のツアーのテーマソングだった“ヴィーナスと蒼き七つの海”の続編的なアンサーソングなんです。比べて聞いていただけるとさらに楽しんでいただけると思います」

■昨年はグループからたくさんの卒業生を見送りましたが、二人で副委員長を務めていたラブさんも卒業して、改めて委員長になった心構えは?

マホ「年末のカウントダウンイベントのあとにサプライズ発表がされて、委員長に就任しました。今までとやることは特に変わらないんですけど、自分から自信を持ってリーダーだって名乗れるのがいちばん大きいと思います。今までずっと曖昧な立場だったので、こうした取材で胸を張ってリーダーですと言えることが嬉しいです。これを機にメンバーをまとめていこうという気持ちも強くなりました」

■ナナさんとユミさんからも抱負を聞かせてほしいのですが、ナナさんは今日がお誕生日なんですよね?

ナナ「アフィリアに入ってから3回目の誕生日なのですが、毎回キャンペーンと重なっていて、いつもたくさんの先輩からお祝いしてもらって嬉しいです。今年も今まで以上にたくさんの先輩に愛されたいです。グループとしても、もっと愛される絆の強いグループになっていったらいいなと思います」

ユミ「今年もさっそくツアーがあるんですけど、今回は“永遠の蒼き愛の女神”がテーマとなっています。アフィリアでは、ただ歌やダンスでパフォーマンスをするだけではなくて、テーマに沿った世界観や雰囲気を大切にしてツアーに臨んでいます。そこが他のグループさんとは違う、アフィリアのいいところだと思うので、たくさんの人に観てもらって好きになって欲しいです」

■そのツアーも間もなくスタートしますね。意気込みを聞かせてください

マホ「そうなんです。2月3日の東京・TSUTAYA O-EASTから始まって、福岡、大阪、名古屋、埼玉、金沢、札幌、仙台と回ります。3月31日に東京に戻って新宿BLAZEのファイナルまで全部で9箇所17公演となります。ファイナル以外は昼夜の2公演あって、それぞれ違うセトリになるので、両方とも来ても楽しめる内容にするつもりです。スケジュールがハードですが、“ついて行くよ”と言ってくれる先輩もいっぱいいるので“私たちも頑張ろうね”って励まし合ってます。地方の先輩に会えるのも楽しみですし、現地の美味しい食べ物を食べるのもすごく楽しみにしています」

    関連商品