「アイドルたちのミュージックバトン」第十四回~NaNoMoRaL~ | GirlsNews

「アイドルたちのミュージックバトン」第十四回~NaNoMoRaL~

アーティスト アイドルユニット/グループ 注目ニュース 音楽
NaNoMoRaL
NaNoMoRaL

アイドル本人が自らの楽曲を言葉で紹介し、心を通わせるアイドルに繋ぐ「アイドルたちのミュージックバトン」。

第十四回目は、前回「3776」からバトンを受け取った「NaNoMoRaL」が登場!

それぞれアイドル・グループ/バンドでの活動を経て、2017年にエモクルスコップというグループの“メンバー”と“プロデューサー”という形で出会った雨宮未來(ヴォーカル)と梶原パセリちゃん(ヴォーカル、コーラス、マニピュレーター、プロデューサー)が“雨宮未來のソロユニット”という形で2018年に活動をスタートした。

男女アイドルユニットという異色の形を取りながら、それぞれの持つパワーを掛け合わせて名曲を生み続けている「NaNoMoRaL」に自らのおススメの曲たちを聞いてみた。

 

アイドルたちのミュージックバトン「NaNoMoRaL」

 

■まずはこの1曲!

『唖然呆然』/NaNoMoRaL

NaNoMoRaLを表す上で「多幸感」という言葉がよく使われるんですが、

この「多幸感」に満ち満ちている曲。

せっかくなら二度とない人生を楽しく生きていきたいです。

「幸せで死にそうだ」

 

■テンションが上がる1曲!

『サーチライト』/NaNoMoRaL

ライブの定番曲。

ラストのサビでは雨宮未來が拳を突き上げながら飛び続けます。

一体感を感じることが出来る曲です。

「だんだん大人になってく 全然分からないフリしながら」

 

■心にクる1曲!

『子どもでいてね』/NaNoMoRaL

ミディアムテンポのバラード。

自分を含めた誰かの心に一言一言落とし込むように歌っています。

「涙は笑って乾かすんだよ」

 

■次のアイドル『RAY』さんの好きな曲

『バタフライエフェクト』/RAY

詩、曲、アレンジ、全く隙のない曲。

最初のドラムのみ8小節にグループへの意気込みが表れていて大好きです。

※次回の「アイドルたちのミュージックバトン」RAY編は6/13(土)公開予定です。お楽しみに!

関連商品