ナナランド峰島こまき、写真集でセクシーな下着姿を披露「ちょっと刺激が強かったかな」

峰島こまき(ナナランド)
峰島こまき(ナナランド)

10月17日に1st写真集『ふるさと』(扶桑社)の発売を控える、ナナランド・峰島こまきさんが14日、出版直前記念トークイベントを開催した。

峰島さんは、アイドルグループ・ナナランドのエースとして、ステージ上ではくるくる表情が変わる“愛嬌の塊”のようなパフォーマンスを見せ、特典会では隠し持ったあざとさでファンを魅了している。

彼女の魅力が詰まった初めての写真集は、故郷・静岡県をめぐる2泊3日の旅を写した作品となり、初挑戦のランジェリーショットや、タレント写真集では珍しい、モデルの実家での撮影など、みどころ満載の作品となっている。

青空の下、ビーチで元気にはしゃぎ、沼津漁港の海鮮丼やうなぎなど、地元の名産品を笑顔でほおばったり、飼い犬や猫、水族館のイルカとたわむれ、実家ではリラックスしきった“素の表情”を見せ、夜には少しのお酒でほろ酔いになり、自身初となる下着の撮影ではこれまで見せたことのない大人の顔ものぞかせている。

峰島さんは半年ほど前にオファーを受けたときのことを「初めて聞いた時はグラビアの経験も浅かったので、嬉しい気持ちよりも(私で大丈夫なのか)って、心配でしたが、何よりファンの方が喜んでくれたり、家族も賛成してくれたので、前向きに楽しもうと思って挑戦しました」と述懐。

地元・静岡での撮影について「絶対に行きたいと言っていた実家で撮影できたことが嬉しかったです。母校ではないんですけど、学校や、自分が昔から遊んでいた川で撮影していただけて嬉しかったです」と笑顔。

お気に入りは背中の開いた黒の衣装で「初めて着たときに自分が似合うのか、めっちゃ不安だったんですけど、すごく楽しく撮影ができて、自然な感じの表情が撮れました。家族がこの横顔のカットが好きって言ってくれたので、めちゃくちゃお気に入りです」と紹介した。

今回は初めて下着での撮影にも挑戦。「フィッティングの時に何着も着て、カメラマンさんや、編集の方々と相談したり、自分が可愛いと思うものを選びました」と、どれもお気に入りの様子。大人っぽいセクシーな表情も見せているが「お酒を飲んでるシーンは、お尻のところが透けているような、今後もう見せないだろうっていうカットがあって、自分でもすごいなと思います」とアピール。

写真集を見たメンバーからもキャーキャーと悲鳴が上がったそうで、「18歳の竹内月音ちゃんは“セクシーすぎて鼻水が出そう”だって。表し方がすごく可愛くて笑っちゃいました。新メンバーの百瀬ひよりちゃんも18歳なんですけど、ちょっと刺激が強かったかな」と峰島さんは笑っていた。

峰島こまき 公式Twitter https://twitter.com/komaki_7land
ナナランド 公式Twitter https://twitter.com/7land_official

    Comments are closed.