わーすた 廣川奈々聖、1st写真集は“なちゅらる”な素顔が満載「我ながらどの瞬間もキラキラ」

廣川奈々聖(わーすた)
廣川奈々聖(わーすた)

アイドルグループ「わーすた」のリーダーを務める廣川奈々聖さんが23日、ファースト写真集『なちゅらる』(主婦の友インフォス)の発売記念イベントをSHIBUYA TSUTAYAにて開催した。

世界に照準を合わせ活動しているデジタルネイティブ世代アイドル「わーすた」のメンバーが、それぞれ四者四様のテイストやロケ地で撮影に臨んだ4ヶ月連続のソロ写真集企画。

その第1弾となる廣川さんのロケ地は沖縄。青い空に澄み渡ったきれいなビーチ、リゾート感溢れるヴィラやプール、美ら海水族館、またフェリーに乗って離島に足を伸ばしたりと、沖縄の地で撮り下ろした爽やかな写真が満載だ。まるで一緒に沖縄旅行に来ているかのような気持ちに浸ることのできる一冊となっている。

今回の写真集企画について、「ずっとソロで写真集を出したかったんですけど、なかなかタイミングがなかったので、メンバー4人連続という形で出すことが叶えられて嬉しいです。4人それぞれが違う場所にいたり、違った楽しみ方ができるのと思うので、他のメンバーの写真集もすごく楽しみです」と喜んだ。

ソロでの撮影に臨んで「今までグループ活動してきて、自分だけの撮影はほとんど経験したことがなかったので、自分だけのために、こんなにスタッフさんが集まってくれたのがとても新鮮で、感謝の気持ちでいっぱいになりました。撮影中はどの瞬間もすごくキラキラしてたんじゃないかな、と我ながらに思います」と語った。

写真集の見どころは「素の自分の表情が見られること!今までもいろんな撮影をさせてもらったんですけど、やっぱりアイドルの廣川奈々聖という感じがすごくあったので、今回は等身大の私が、すぐ側にいるような感覚になってもらえるはずです」と紹介した。

お気に入りの写真は「たくさんカットがあって迷ったんですけど、最後まで表紙候補で迷ったこの写真です。表情も自然な感じですし、沖縄に着いて一番最初に撮ってもらったカットだったので、すごく印象に残っています」と紹介。

さらに今回の企画ではメンバーそれぞれがやりたいことに挑戦しており、「私はゴスロリに挑戦させていただきました。フリフリしたお洋服が大好きでずっとやりたいと思ってたので」とニッコリ。

「今まではポーズを決めて撮ることが多かったので、こんなに動きのある写真を撮ってもらう機会はほとんどなかった。撮影初日の最初のほうで、“そんなに決めた顔しなくていいよ”って言っていただいて、それからだんだん自然な表情や、カメラを意識せずに撮ってもらえるようになりました」と撮影を述懐。

写真集の自身を見て発見したことは「出来上がった写真を見たら、自分が思ってるよりも間抜けな顔してるのもあったり。普段こんな顔してるなんて、自分でも知らなかったので、人からこんな風に見えてるのかなと驚きました。でも、今まで見せたことがないような部分も含めて、見る側も、私自身も新発見だって思います」と語った。

写真集の発売を心待ちにしていたファンに向けて「本当にお待たせしましたという気持ちと、待っていてくれてありがとうっていう気持ちでいっぱいです。アイドルとしてステージに立ってる私とは、またちょっと違う一面が見られる写真集になってると思います。私自身のナチュラルな姿を眺めて、皆さんの日常の中でほっと気が抜ける写真集であって欲しい」とアピール。「手に取ってすごく癒しになる写真集になっているので、ぜひぜひ 軽い気持ちで手に取ってもらえたら嬉しいです」と呼びかけていた。

    Comments are closed.