浅川梨奈、映画『おとななじみ』に美桜役で出演決定「これまでの役の中で一番自分の素に近い」

浅川梨奈  (c)中原アヤ/集英社 (c)2023『おとななじみ』製作委員会
浅川梨奈 (c)中原アヤ/集英社 (c)2023『おとななじみ』製作委員会

女優の浅川梨奈さんが、2023年5月12日に劇場公開される映画『おとななじみ』に出演することが発表された。デザイナーの仕事も恋愛もバリバリこなすモテ女子で、主人公・ハルと楓のじれったい関係を厳しくも親身なって相談にのるモテアネゴ系女子・小戸森美桜役を演じる。

「ココハナ」(集英社刊)にて2019年より連載が開始された大ヒット漫画「おとななじみ」(原作:中原アヤ/集英社マーガレットコミックス刊/全8巻)が原作。映画初主演となる井上瑞稀さん(HiHi Jets/ジャニーズJr.)&久間田琳加さんのW主演で映画化される。

本作は“おさななじみ”のまま“大人”になった井上さん演じる“超残念男子” 青山 春(あおやまはる/通称:ハル)とそんなハルに、ずっと思いを寄せる久間田さん演じる“オカン系女子” 加賀屋楓(かがやかえで)の進みそうで進まない20年間の恋模様にときめき、個性的なキャラクターたちの掛け合いには笑わずにはいられないラブコメディ。

そんな話題作の追加キャストとして、現在放送中のドラマ『親愛なる僕へ殺意をこめて』(フジテレビ系)にレギュラー出演するほか、映画『かぐや様は告らせたい』シリーズ、『KAPPEI』など幅広い演技で活躍をみせる浅川梨奈さんの出演が発表された。

本作への出演に対して浅川さんは「原作がすごく可愛らしく楽しいお話だったので、撮影をとても楽しみにしていました。これまで演じてきた役の中で一番自分の素に近かったので、撮影中はアドリブも自然に出てきて、違和感なく演じることができました」と撮影を振り返りコメントを発表。

また、同じく追加キャストとして、浅川さん演じる美桜の20年来の幼馴染みである“超完璧クール男子” 蓮見伊織(はすみいおり)役に、ドラマ・映画『美しい彼』で主演を務めるなど、話題作への出演が続く注目の若手俳優・萩原利久さんの出演が発表された。

<浅川梨奈 コメント全文>
原作がすごく可愛らしく楽しいお話だったので、撮影をとても楽しみにしていました。私が演じる美桜は天真爛漫で人見知りしない、女の子が憧れるような、自分も友達に一人は欲しいような女の子だと感じています。
これまで演じてきた役の中で一番自分の素に近かったので、撮影中はアドリブも自然に出てきて、違和感なく演じることができました。撮影後も美桜の口調になってしまったり、美桜が好んでいたタイプの洋服やアクセサリーなど買ってしまったりしたほどでした。
大人になったおさななじみの三角関係や、意外なところから芽生える恋模様に加えて、キャラクター一人一人が個性豊かで面白い作品になっていますので、ぜひ楽しみにしてください。

▼ストーリー(資料より)
青山 春と加賀屋楓は、4歳の時から隣に住む“おさななじみ” 。
お互い一人暮らしを始めた24歳の二人は、結局今も住んでいるのは同じアパートの隣の部屋。
楓は20年もの間ハルを想い続けているが、そのハルは楓の気持ちに全く気付く様子はなく、楓はハルの世話を焼きすぎて、もはやオカン化してしまっている。
進展しない関係に業を煮やした楓は、同じくおさななじみの伊織と美桜に相談し、ハルをあきらめることを決意。しかし、決意したものの、ズルズルとハルをあきらめきれない楓に、伊織が大人の男として優しく接する。
そして、実は伊織は楓のことが小学生のころから好きだったと告げる。
急接近する楓と伊織の様子を目の当たりにして、動揺するハル。
鈍感ながらも、自分の本心に気づき始めるが、ハルは楓の亡き母親と交わした約束を純粋がゆえに、頑なに守っていた―
20年間の片思い、“おさななじみ”のふたりの恋は、“おとななじみ”のまま? ついにハッピーエンドを迎える?

浅川梨奈の動画を観る

Comments are closed.