浅川梨奈の歌にフィーチャーした『悪魔とラブソング』メイキング映像公開「見ている方の心にも響く歌が歌えているといいな」 | GirlsNews

浅川梨奈の歌にフィーチャーした『悪魔とラブソング』メイキング映像公開「見ている方の心にも響く歌が歌えているといいな」

ニュース 女優 映画・ドラマ
浅川梨奈
浅川梨奈

女優の浅川梨奈さんがW主演するHuluオリジナルドラマ『悪魔とラブソング』全8話が、6月19日(土)から独占配信。本作で“悪魔のような”主人公・可愛マリアを演じる浅川さんが、撮影の2ヶ月前から挑んだ“歌”にフィーチャーしたメイキング映像が今回公開された。

集英社の少女マンガ誌「マーガレット」と、オンライン動画配信サービスHuluがタッグを組み、不朽のマーガレット作品を《継続的に連続ドラマ化&Huluにて独占配信》する珠玉の恋愛ドラマシリーズ「マーガレット Love Stories」。その第2弾が『悪魔とラブソング』だ。

原作は、「マーガレット」にて2007年~2011年に掲載された少女コミック『悪魔とラブソング』(桃森ミヨシ・著/集英社マーガレットコミックス刊)。美しい歌声と美貌を持ちながらも、言葉を飾らず、常に本音を話してしまうがゆえに、周囲から孤立し、「悪魔」と呼ばれている主人公・マリアが、転校を機に、理解者を見つけ、自分を偽り他人に合わせて生きてきた同級生たちを変え、彼らと絆を作っていく姿が人気を博し、今なお根強い人気を誇っている。

言葉を飾らず、皆が触れられたくないようなことにも、核心をつく言葉を投げかけてしまうため、いつも周囲から孤立してしまうマリア。しかし、本当は深く人と関わりたいと願っており、言葉で伝わらないときには、歌で気持ちを表現しようとする……。浅川さんがマリアを演じる上で“歌”は切り離せないアイテムだった。

「歌が本当に苦手だった」という浅川さんは、撮影の2ヶ月前から本格的にボイストレーニングを開始。オペラの発声やドイツ語の発音を体に覚え込ませ、マリアのキャラクターの象徴ともいえる美しい歌声を見事に作り上げていった。撮影中も合間をみては歌を口ずさみ、空き時間も同じく役作りのためにピアノに取り組んだW主演の飯島寛騎さんがピアノを弾き始めると自然にそこに足が向き歌を合わせていく場面も。撮影が終わるころには「歌が好きになれたし、マリアをとおして強くなれた」と、自身の役作りにも自信が芽生えた様子。「作品が出来上がったときに、見ている方の心にも響く歌が歌えているといいなと思っています」と語っている。

「アメイジング・グレイス」「アヴェ・マリア」など、本編の随所に出てくるマリアの歌、そしてその時に溢れ出る彼女の感情が、同級生たちの閉ざされた心を開いていく模様は、劇中の大きな見どころのひとつとなっている。マリアを筆頭に合唱コンクールで歌われる「アメイジング・グレイス」も大きな見どころとなっている。

また『悪魔とラブソング』第1話・2話(各話40分)の先行オンライン試写会の開催が決定した。<開催日時:6月12日(土)正午~24時>
この試写会に抽選で5000名が招待される。

【可愛マリアを演じる 浅川梨奈の“歌”にフィーチャーしたメイキング映像】

浅川梨奈の動画を観る

関連商品