浜辺美波「賭ケグルイは私にとって抱きしめたくなる宝物みたいな作品」 | GirlsNews

浜辺美波「賭ケグルイは私にとって抱きしめたくなる宝物みたいな作品」

ニュース 女優 映画・ドラマ

『映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット』の完成披露イベントが22日に都内で開催され、出演者の浜辺美波、高杉真宙、藤井流星(ジャニーズWEST)、池田エライザ、森川葵、監督の英勉が登壇した。

ギャンブルの強さだけがモノを言う学園を舞台に、シリーズを追うごとに新たなファン層を広げている実写版『賭ケグルイ』のシリーズ最新作となる映画版が、ついに完成した。

最狂の“賭け狂い”女子高生、蛇喰夢子を2年ぶりに演じる浜辺さんは、撮影が楽しくて仕方がなかったと言い、「面白くて変わった人が多いので、自分がどれだけ変わったことをしても怒られない」と雰囲気を伝えた。

今作の新キャラクターで、かつて学園を追われた過去を持つ“最凶の侵略者”視鬼神真玄(しきがみまくろ)を演じる藤井さんはシリーズを熱心に見ていたと言い、「夢子がおる!会長がおる!って、現場のスポットで写メを撮ったり、一人で賭ケグルイツアーしてました」と興奮気味に話した。

学園を牛耳る生徒会長 桃喰綺羅莉を演じる池田さんは、今作で初めて賭場に立って夢子らと対決する。「みんなの賭けを近くで見られるのがすごく嬉しかった」と喜んだが、「いままで動くシーンがなかったので、“会長、歩くの?どうしよう”って…」戸惑いもあったことを明かした。

夢子の級友、早乙女芽亜里役の森川さんは、アマゾンプライムで配信中のドラマ『賭ケグルイ 双(ツイン)』と同時撮影だったにもかかわらず、周囲から見ても最初からフルスロットルだったそうで、「そんなつもりはなかったんですけど、エンジンをふかし過ぎたみたい。自分でちょっと引いちゃった」と照れた。

作品にちなみに、出演者たちは風船銃を使ったロシアンルーレットに挑戦した。百戦錬磨のギャンブラーが揃うだけになかなか勝負がつかなかったが、ついに負けてしまった藤井さんは罰ゲームで次回の舞台挨拶で司会を務めることが決定。「ビックリするぐらいの名司会をしますよ。スムーズ過ぎておもんないかも」と話した。

最後に浜辺さんは「賭ケグルイは私にとって抱きしめてワシャワシャしたくなる宝物みたいな作品。みなさんもギャンブラーになってのめり込む気持ちで、ギャンブルバトルを楽しんでもらえたら」とイベントを締めくくった。

『映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット』は4月29日(木・祝)よりTOHOシネマズ日比谷ほかで 全国ロードショー。

©河本ほむら・尚村透/SQUARE ENIX ©2021「賭ケグルイ2」製作委員会

    関連商品