森七菜、『じゃらん』30周年特別記念フィルムにメインの女子高生役で出演 | GirlsNews

森七菜、『じゃらん』30周年特別記念フィルムにメインの女子高生役で出演

ニュース 女優
森七菜
森七菜

映画『天気の子』ヒロイン(声の出演)や『ラストレター』などで知られる女優の森七菜さんが、30日にweb公開されるる旅行情報サービス『じゃらん』の30周年特別記念フィルム『ここではないどこかで』に、成田凌さんらとともに出演することが発表された。森さんはメインの女子高生・雪役を演じている。

旅行情報誌『じゃらん』が、1990年の創刊から今年30周年を迎えたことを記念し、30年間の読者への感謝を込め、制作された『ここではないどこかで』。監督・脚本は、映画『君の名は。』のプロデュースなどで知られる川村 元気さん。「旅」をテーマに、『じゃらん』が30年間見てきた旅・地域の魅力を、「旅に行く人」と「旅を受け入れる人」を通して表現したという。旅先での経験で気付かされる”ここ”の尊さを、複数の旅先と登場人物で描く感動とサプライズに満ちたストーリーとなっている。

東京の大学進学を控えた女子高生「雪」(森 七菜)は、親と喧嘩して一人で東京へ旅に来ていた。「雪」がスマートフォンを落としたことをきっかけに、旅先で大学生の「光」(成田 凌)と出会い、二人で東京観光することに……。その他、一人旅をする女性「真知子」役で板谷 由夏さん、宿泊施設で働く男性「道夫」役で犬山 ヴィーノさんが出演。主題歌はBUMP OF CHICKEN『流れ星の正体』。約10分のフィルムに凝縮されたこだわりが心に響く内容となっている。

森さんは思い出の旅行先について問われると、「私は、毎年家族で旅行に行くんですけど、冬の北海道と夏の北海道に両方行っていて、両方思い出に残っています。夏は過ごしやすいですよ、北海道」とコメント、またおススメの旅行先としては地元・大分を挙げる。「大分は良い旅行先だと思います! 大好きです。温泉もすごく良いですし、海の近くに『塩湯』というものがありまして、それもすっごく気持ち良いです」と目を輝かせた。

■『じゃらん』30周年特別記念フィルム「ここではないどこかで」

関連商品