“国民的美少女” 井本彩花、テレ朝10月スタート『あなたには渡さない』で連ドラデビュー 主演・木村佳乃の娘役 | GirlsNews

“国民的美少女” 井本彩花、テレ朝10月スタート『あなたには渡さない』で連ドラデビュー 主演・木村佳乃の娘役

ニュース 女優 映画・ドラマ
井本彩花
井本彩花

「第15回全日本国民的美少女コンテスト」グランプリで14歳の新人女優・井本彩花さんが、11月10日スタートの『あなたには渡さない』(テレビ朝日系)で連続ドラマ初レギュラーを果たす。井本さんは、主演・木村佳乃さん演じる上島通子の長女・優美役を演じる。井本さんは「最初に聞いたときは本当にビックリしました。自分にできるのかとても心配でしたが、台本や原作を読み込んで役を理解していくうちに、少しだけ自信がつきました」と意気込みを語っている。

連城三紀彦の名作小説が原作。物語は、料亭の御曹司で板長を務める夫・旬平(萩原聖人)と結婚して20年になる上島通子(木村佳乃)の前に突然、夫の愛人と名乗る女・矢萩多衣(水野美紀)が現れるところから始まる。「ご主人をいただきにまいりました」と告げる多衣は、通子に夫の署名入りの離婚届を突きつける。しかも夫の料亭は多額の負債で、倒産寸前であることも発覚。思いもよらなかった事実を次々と突きつけられた通子は、多衣に旬平との婚姻届を600万円で買い取ってもらう形で費用を捻出し、自らが女将となって料亭を立て直すことを決意する…という内容。

井本さん演じる優美は、専業主婦の母・通子との距離感に息苦しさを感じ、最近では通子との対話を敬遠しがち。大学進学で家を出た兄には「家を出たい」と愚痴をこぼす。そうした中で両親の離婚を知り、通子と優美はこれまでの家を出てアパート暮らしに。最初は反発心をあらわにする優美だが、料亭を立て直そうと孤軍奮闘する通子の背中を見つめるうちに、徐々に心境が変わっていく。

井本さんのクランクイン・シーンは母・通子との親子シーンで、緊張の顔を見せる井本さんに木村さんが優しく話し掛ける場面も。「木村佳乃さんに『失敗を恐れずに何でもやっていいよ』という言葉をいただけてうれしかったです」と晴れやかな笑顔を見せていたという。

井本さんは優美役を演じるにあたり「お父さんとお母さんが離婚して、さらにお父さんに好きな人ができちゃって…というすごく複雑な思いを抱く子なんですけど、その複雑さを表情や動きできちんと表現できるようになりたいです。優美は少し暗い性格の女の子ですが、お母さんの通子はすごく芯が強くて明るい女性なので、そのDNAを受け継いだ娘として、暗いだけではない、通子のような明るさも併せ持つ女の子であるように表現しないといけないなと思っています」と意気込みを語る。

そして「観て下さる方々に、感動をお届けできるような女優さんになりたいです。そして、いつか魅力的でキレイな女性になれたらいいなと思っています。このドラマでも分からないことは積極的に監督さんに聞いていって、素敵な女優さんになれるように頑張りたいです」と目を輝かせた。

土曜ナイトドラマ『あなたには渡さない』はテレビ朝日系で11月10日スタート。毎週土曜23時15分~放送。

 

関連商品