武田玲奈、ドラマ版に続き主演映画『人狼ゲーム インフェルノ』が4月7日公開「女優としての振り幅が広がり貴重な経験に」 | GirlsNews

武田玲奈、ドラマ版に続き主演映画『人狼ゲーム インフェルノ』が4月7日公開「女優としての振り幅が広がり貴重な経験に」

ニュース 女優 映画・ドラマ
武田玲奈
武田玲奈

これまで桜庭ななみさん、土屋太鳳さん、古畑星夏さんら多くの人気若手女優を輩出している『人狼ゲーム』シリーズ。今回シリーズ初のドラマ & 映画連動企画で、第7代ヒロインに選ばれたのが武田玲奈さん。死のゲームに参加し極限状態に追い詰められる役どころだが、清純派でキュートな笑顔のイメージが強い武田さんが落差のある役どころに挑む姿に注目が集まっている。今回、4月7日に公開される映画『人狼ゲーム インフェルノ』について、その撮影エピソードなどを語った。

ヒロインに選ばれる前から本シリーズをよく知っていたという武田さん。特に土屋太鳳さんが主演した『人狼ゲーム ビーストサイド』は印象深いと話す。「全体的にハードな内容ですけど、シンプルで女優さんのお芝居そのものが目立つ作りになっているので、観ていてすごく勉強になりました」とその感想を語った。

先日放送を終えた自身主演のドラマ『人狼ゲーム ロストエデン』を観て、「今までにない『人狼ゲーム』だなと思いました」という武田さん。「刑事さんが捜査するパートがあったり、そういうのも絡んでくることで、よりリアリティが増しています」と紹介する。

そのドラマ版の最終回でいったんゲームが終わった後に、今回公開される映画から新たなゲームが始まるという構成になっている。武田さんは自身が演じる主人公・紘美について、「ドラマの最初のほうは性格が私と真逆のタイプだったので、自分の周りにいる似た子のことをイメージしながら演じました。紘美は正義感が強くて学級委員をやっているんですけど、私は学級委員をやったことがないですし、どちらかというと人前にあまり出たくないタイプでした」という。

劇中では死をかけて争うような、かなりハードな場面もあるが「スタッフさんがずっと『人狼ゲーム』シリーズを作っていらっしゃる方だったので、いい緊張感を作ってくださって、やりやすい空気の中で集中して撮影に取り組めました。役への入り込み方とか集中力の発揮の仕方、その部分がすごく勉強になりました。ハードな内容でしたけど、演じる側としては楽しかったです」という。

武田さんの恐怖の表情や失望感を見せる表情が印象的だが、難航したのかと思いきや「結構自然に出せました」という。女優としての振り幅が広がり、「自分の中で大きな経験になりました」と語っている。

最後に見どころについて「ドラマ版もそうだったんですけど、“投票のシーン”が『人狼ゲーム』で一番大切なシーンになるので、そこは一番注目してほしいです。私自身の見どころとしては、ルナ(上野優華)との関係性が大きくて、その中での紘美の心の葛藤などを見てほしいなと思います」と語った。

<プロフィール>

武田玲奈(たけだ・れな)
生年月日:1997年7月27日
血液型:B型
出身地:福島県

雑誌「Popteen」でモデルデビュー。その後女優としても活躍し、「交際記念日」、「ポエトリーエンジェル」、「パパのお弁当は世界一」と主演映画に出演。ほかドラマ「マジで航海してます。」(W主演)、「植木等とのぼせもん」、「100万円の女たち」、「人狼ゲーム ロストエデン」(主演)などに出演。現在雑誌「non-no」専属モデルを務める。

映画『人狼ゲーム インフェルノ』(4月7日(土)全国公開)

クラスメイト10人で殺し合う「人狼ゲーム」に強制参加させられた野々山紘美(武田玲奈)。それは、“村人”と“人狼”となって騙し合う殺戮ゲームだった。紘美が引いた役職は、友達をその手で惨殺しなければいけない“人狼”…。一方、事件を追う刑事たちは、ゲームを支配する謎の男(水野勝)にたどり着く。この地獄の中、紘美は本当の終わりを目指し、ゲームを開始する…。出演は武田玲奈、小倉優香、上野優華、松本享恭、時人、ほか。

関連商品