時空警察シリーズ最新作が朗読劇で上演 メイン3人娘に 宮崎妙美、榎あづさ、吉田圭

「時空警察ヴァージナルRe-birth」
「時空警察ヴァージナルRe-birth」

「時空警察シリーズ」の最新作、リーディングシアター『時空警察ヴァージナルRe-birth』が、10月15日 (土) ~10月16日 (日)に池袋・シアターKASSAIにて上演される。出演は、宮崎妙美、榎あづさ、吉田圭ほか。

2001年に放送されたSF特撮ドラマ『時空警察ヴェッカー』の流れを組む「時空警察シリーズ」は、タイムトラベルによって歴史改変を目論む時空犯罪者たちを追う美少女捜査官「時空刑事」たちの活躍を描く。これまでテレビドラマ、小説、映画、舞台、漫画と幅広いメディアで多くの派生作品を生んでいる。

今作はシリーズの生みの親、畑澤和也が朗読劇で描く「歴史に記される初めての時空刑事」たちの物語。現在、過去、未来の名を持つ3人の少女が、それぞれの視点から歴史を見つめ、たくさんの「はじめて」を体験していく。

主人公の神野響子(じんのきょうこ)役は、舞台を中心に活躍している宮崎妙美さん。「初めての主人公、オーディションの時もご連絡頂いた時もビックリしました(笑)。10月15日16日計4公演、響子としてみんなと駆け抜けます!宮崎の新しい1歩観にきてくださいネ」と意気込みをツイート。
宮崎さんは、11月23日~27日、新宿村LIVEにて上演される舞台『アリスインデッドリースクール 永劫』(脚本・演出:麻草郁)にも出演を予定している

ほかに、美希・マトリョーナ・イグナーシェフ役には、アニメ『おねがいマイメロディ』夢野歌の声優として知られる実力派女優、榎あづさ。三人娘の残る一人、歴史オタクの少女・栗原圏(くりはらかこ)役に吉田圭さんなど、計8名のキャストが物語を紡いでいく。

リーディングシアター『時空警察ヴァージナルRe-birth』

公演日:10月15日 (土) ~10月16日 (日)
10月15日(土)14:00/18:00
10月16日(日)13:00/17:00
会場:池袋・シアターKASSAI
出演者:花奏和音・榎あづさ・高田那由太・星達也・宮崎妙美・村尾昇悟・吉田圭/楯真由子(50音順)
原作・脚本・演出:畑澤和也
公式ホームページ https://sigv.net/
公式ツイッター @sig_kousiki

<あらすじ>(資料より)

1860年(桜田門外の変の時代)、1945年(太平洋戦争末期の時代)、2021年、そして2022年(今)の日本を舞台として、3人の時空刑事達と、それをサポートするクロノスライダー(AIを搭載したバイクに変形できるロボットで様々なものに擬態できる)が、「正しい歴史を守るため」に戦うSFドラマ!!
の、、、オーディオドラマ収録現場!?!?!?
だが・・・2022年の池袋で、実はとんでもないことが行われていた!?

時空警察ファンも、そうでない方も楽しめる、新感覚朗読劇!!
これは朗読劇なのか・・・
オーディオドラマ収録現場なのか・・・
それとも・・・??
あなたが劇場に来ることで、最後のピースがはまります。
さあ、その目で今という歴史の瞬間を目撃せよ!!

    Comments are closed.