劇場版『若おかみは小学生!』の小林星蘭、小学生役の水樹奈々に「上級生みたい」 | GirlsNews

劇場版『若おかみは小学生!』の小林星蘭、小学生役の水樹奈々に「上級生みたい」

ニュース 声優 女優 映画・ドラマ
「若おかみは小学生!」舞台挨拶より
「若おかみは小学生!」舞台挨拶より

全国公開中の劇場版アニメ『若おかみは小学生!』の公開記念舞台挨拶が22日に都内で開催され、主演の小林星蘭をはじめ、声優を務めた水樹奈々、松田颯水、鈴木杏樹、ホラン千秋らが登壇した。

本作は子役タレントとしても知られる小林星蘭さんが、旅館の若おかみとして修行する小学生“おっこ”の声を演じたTVアニメの劇場版。令丈ヒロ子さんによる原作は300万部を超える子供たちに大人気の児童文学だ。

以前から原作の大ファンだったと言う小林さんは「小学校の時に学校の図書室で友達と争奪戦になるくらいに大人気の本で、私も大好きでした。オーデションでおっこの役に決まったときは、本当に嬉しくて、思わず涙が出てしまいました」と振り返った。

おっこのクラスメイトでライバル役の“真月”を演じた声優の水樹奈々さんは、「私が小学生役で大丈夫かなーって思いながら現場に行ったら星蘭ちゃんがいて、本当にごめんなさい、って感じで動揺しました」と年齢差を気にすると、小林さんは、「大丈夫です!上級生みたいな感じでした」と笑顔で答えた。水樹さんは「ありがとう!」と小林さんの気遣いに感謝し、さらに「座長として頼もしくて、周りをグイグイ引っ張ってくれて安心感があって、本番でも一発 OK がほとんどでした」と小林さんの仕事ぶりをベタ褒めた。

イベントの途中では、9月生まれの小林さん、鈴木さん、ホランさんの誕生が近いことから、作品中に登場した“露天風呂プリン”がバースデーケーキの代わりに登場した。笑顔で試食した小林さんたちは、さらに高坂監督から直筆の似顔絵をサプライズでプレゼントされて大感激。小林さんは「一生のお宝にします!」と大喜びだった。

映画「若おかみは小学生!」公式サイト https://www.waka-okami.jp/movie/

    関連商品