たこやきレインボーが笑顔で全員卒業! 猛暑の大阪でのラストライブをレポート | GirlsNews

たこやきレインボーが笑顔で全員卒業! 猛暑の大阪でのラストライブをレポート

アイドルユニット/グループ ニュース
フリーライブ「オーバー・ザ・たこやきレインボー」より
フリーライブ「オーバー・ザ・たこやきレインボー」より

関西在住の5人組アイドルグループ「たこやきレインボー」(略称:たこ虹)が7月31日、大阪・南港ATC海辺のステージで、フリーライブ「オーバー・ザ・たこやきレインボー」を開催。たこやきレインボーとしての約9年間の活動に終止符を打った。

●たこやきレインボーとしてのラストステージ「最高の思い出を作りましょう!」

 本来なら5月9日に開催予定だったが、コロナ禍で延期に。メンバー5人全員が5月9日をもってグループを卒業し、新たなプロジェクトに向けて準備中の彼女たちにとって、「たこやきレインボー」としてのラストステージに、新型コロナ感染対策のための設定上限の約1000人の虹家族(ファン)が集結。ニコニコ生放送でも生配信された。

 13時過ぎにライブがスタート。メンバーカラーの衣装に身を包んだ堀くるみ(紫)・根岸可蓮(緑)・清井咲希(黄)・彩木咲良(ピンク)・春名真依(青)の5人がステージに姿を現すと、『絶唱!なにわで生まれた少女たち』、『もっともっともっと話そうよ-Digital Native Generation-』を披露。

 それぞれの自己紹介の後、リーダーの堀が「たこやきレインボーとしては今日が最後のフリーライブ、オーバー・ザ・たこやきレインボーにようこそ~!」と挨拶。コロナ対策で声援を送れないファンが大きな拍手で応えると、春名は「暑い中、ありがとうございます!大家族やなぁ」と、最高気温35度を超える猛暑の中、集まってくれたファンに感謝の意を伝えた。
ちなみに、日焼け止めを塗らずに半袖の服で見届けた私は当然、めちゃくちゃ日焼けしました。これもいい思い出です。

根岸が「今日は最高の思い出を一緒に作りましょう!」と呼びかけると、メジャーデビュー曲『ナナイロダンス』を含む5曲を続けてパフォーマンス!関西テイストの濃い、たこ虹らしさ全開の楽曲で魅了した。

 「皆さんも水分補給しましょう」と促しつつ、水分補給するメンバー。春名が9月17日発売のメモリアルブックに「今日の写真も入ります!メンバーの手書きメッセージも!」と告知すると、堀は「ずっと出したかった。念願が叶いました!」と喜びを語った。

そして、メンバーから最後のメッセージ。

春名真依「たこやきレインボー、本当に楽しかったです!これに尽きるかなぁ…。いろんな感情が生まれたり、いろんな経験をさせてもらえたり、本当に全部の活動が楽しかったです。また新たなスタートを私たちと一緒に歩んで下さったら嬉しいです。たこやきレインボーとしての幕は一旦閉じますが、その幕をもう一度開けるときを楽しみに待っていて下さい。本当にありがとうございました!」

彩木咲良「今日でたこやきレインボーが本当に終了ということで、めちゃめちゃ寂しいですけど、新たなスタートなので、それまでは皆さんの力を貸していただけたらと思っています。そして私たちが集まったときに、その恩返しが出来るように頑張りたいと思いますので、これからもよろしくお願いします。ありがとうございました!」

清井咲希「今日はたこやきレインボーらしく晴れましたね。暑い日になると、これやったなぁとか、この南港でのライブのことを思い出すんですよ。たこやきレインボーは今日で終わっちゃうんですけど、また皆さんと楽しい思い出を作れたらと思っています。たこやきレインボーを応援して下さった皆さん、ありがとうございました!」

根岸可蓮「たこやきレインボーとして約9年間なんですけど、私たちメンバーと、スタッフさんと、虹家族の皆さんがたくさん支えて下さったので、成り立った9年間になりました。本当に感謝しています。これからも私たちは走り続けますので、これからも応援よろしくお願いします。今日はありがとうございました!」

堀くるみ「こんなに暑い中、来て下さって、本当にありがとうございます。ホンマに9年間もあったかなぁっていうぐらい、あっという間やったんですけど、たこやきレインボーとして活動してきた時間が楽しくて充実していて、いろんな思い出が詰まっているからこそなんやろうなぁと思います。私たちが卒業を発表したときに、今まで支えられてきたよとか、辛い時に元気をもらいましたとか、そういう言葉をたくさんいただいて、ホンマにやってきてよかったなって思いました。まだまだ私たちは終わりじゃないので、これからも皆さんの心の支えになれたらいいなって思いますし、私たちも皆さんからもっともっとパワーを吸収して、大きくなっていくつもりですので、応援よろしくお願いします。ありがとうございました!」

●清井咲希が絶叫!「たこやきレインボー、ありがとう!」

清井「それでは、次の曲、いきますか」
彩木「本当に最後の曲だよ。いいの?」
清井「やめるか(笑)」
堀「みんなでバーベキューする(笑)」

などと、笑いを交えながらのMCを展開した後、ラストナンバーとして、今回のフリーライブのタイトルにもなっている『オーバー・ザ・たこやきレインボー』を披露。曲中に、清井は「たこやきレインボー、ありがとう!」と絶叫した。

 たこやきレインボーとしての最後のパフォーマンスが終わると、事務所のスタッフからそれぞれのメンバーカラーに合わせた花束がサプライズで贈呈された。「何これ~、やめてよ~」とリアクションするメンバー。感動のシーンになるかと思いきや、かしこまったムードもなく、片手で花束を渡されたことに対して、「渡し方、雑やなぁ(笑)」とつっこみ、会場は笑いに包まれた。
 その花束を持って、ステージ上からファンをバックに記念撮影。「レインボータイム」と呼ばれる、動画・写真撮影OKタイムも設けられた。

 最後に、「それでは、まいど!おおきに!私たち、たこやきレインボー!ありがとうございました~!」と、メンバー全員でお別れの挨拶。真夏の太陽よりも眩しい笑顔でステージを下り、全8曲、約1時間のラストライブの幕を下ろした。

 5人は現在、女優やタレントなどとして、それぞれの強みを生かしながら活動中。個々でパワーアップして、再び集結することを誓っている。
私たちは、その日が来ることを信じて、応援し続けるしかない。
 私の願いはただひとつ。彼女たちがデビュー以来、目標として掲げてきた「甲子園球場でのワンマンライブ」で、みんなで一緒に泣きたい!

☆フリーライブ「オーバー・ザ・たこやきレインボー」セットリスト
Overture~tacoture~
M1 絶唱!なにわで生まれた少女たち
M2 もっともっともっと話そうよ-Digital Native Generation-
~MC1(自己紹介など)
M3 たこ虹物語~オーバー・ザ・関ケ原~
M4 ナナイロダンス
M5 恋のダンジョンUME
M6 RAINBOW~私は私やねんから~
M7 たのしかしまし大阪~おいでやす~
~MC2(各メンバーからラストメッセージなど)
M8 オーバー・ザ・たこやきレインボー
~写真撮影など

◆たこやきレインボー ベストアルバム発売
タイトル:OVER the TACOYAKI RAINBOW
商品内容:CD6枚(95曲収録予定)・Blu-ray1枚・ブックレット(メンバー全員の直筆サイン入り)・生写真6種
価格:18500円(税込)
発売日:10月13日(mu-mo受注限定/予約受付8月9日まで)
https://shop.mu-mo.net/mitem/AVC1-96798

◆たこやきレインボー メモリアルブック発売
タイトル:History & Departures ~5人の軌跡と5人のこれから~
発売日:9月17日
価格:3000円(税込)
ページ数:80ページ
サイズ:B5正寸
発行:SDP
たこやきレインボー History & Departures 〜5人の軌跡と5人のこれから〜 | SDP (stardustpictures.co.jp)

◆たこやきレインボー 公式サイト
http://www.tacoyaki-rainbow.jp/ 
【取材・文=ポッター平井/写真提供=エイベックス】

    関連商品