【アプガ(仮)新体制インタビュー /鈴木あゆ、小山星流】「アプガ(仮)のライブ映像を見て何か光が見えた気がしました」 | GirlsNews

【アプガ(仮)新体制インタビュー /鈴木あゆ、小山星流】「アプガ(仮)のライブ映像を見て何か光が見えた気がしました」

アイドルユニット/グループ ニュース
鈴木あゆ 小山星流
鈴木あゆ 小山星流

活動スタートから10年を迎え、“アスリート系アイドル”として独自のスタンスを築いてきたアップアップガールズ(仮)。そんなアプガ(仮)が昨年末で5人のメンバー中4人が卒業。そして結成メンバーである関根梓さんに、新メンバー7人を迎え、今年から“新生・アップアップガールズ(仮)”がスタートした。この新生・アプガ(仮)の本格的な始動の場となる2月28日のワンマンライブに向けて奮闘中の新メンバーにインタビュー。今回は鈴木あゆさんと小山星流さんの二人が登場。※取材は2月初旬。

--二人はそれぞれアイドル活動の経験やオーディションを受けたことはあったんですか?

鈴木あゆ「私はアイドルカレッジという大所帯グループにいて、後ろのほうで踊っていました。そこを卒業して半年くらい経ってから、以前から好きだったアプガ(仮)のオーディションがありました。もともと自分が好きなグループでアイドルができないならきっぱり諦めて、大学の勉強を頑張って就職しようと思っていたところだったので」

--もともとアプガ(仮)が好きだったんですね。

鈴木「はい、大好きでした! 私はハロプロエッグさんが好きで、その時代からずっとみなさんのことを見ていて、パワフルなところだったり人間的に大好きです。ずっと元気をいただいていました」

--小山さんはアプガ(仮)のことは?

小山星流「オーディションが発表されたときに詳しく知りました。名前は聞いたことはあったんですが」

--オーディションを受けるにあたって動画を見て研究したり?

小山「そうですね。私もともとアイドルっぽい音楽をやっているところで研修生をしていて、そこで1年と3ヶ月くらい頑張っていたんですけど先が見えなかったんです。歌って踊ることは大好きだったので、あきらめたくなくて、研修生をやりながらほかのアイドルのオーディションを探していたら、アプガ(仮)のオーディションをみつけて。そこで初めてアプガ(仮)のライブ映像を見て、何か光が見えた気がしたんです。見たときに未来が見えた気がして、感動しました! それでそれまで入っていたところから卒業しようと決心しました」

--二人ともオーディションのときは気合いが入って、これが最後の勝負くらいの気持ちで?

鈴木「はい。自分ができることを全部アピールしようと、私は陸上をやっていたので体力的な面だったり、あとはアプガ(仮)さんに入るには“何かものを壊さなければならない”という固定観念をもっていたので、2次審査に行く前におたまを折る練習をしていたんですけど、ちょっとうまくできなかったんですけど(笑)」

--確かに先輩の佐保明梨さんはよくものを壊してましたが、それはちょっと努力の方向が違うような(笑)。

小山「私はアプガ(仮)のオーディションには人生をかけていたので、これまでいくつかのオーディションを受けてきましたが、今回が一番ワクワクしました」

--人生かけるくらいだから、プレッシャーがあったのではなく?

小山「はい。緊張はしていたんですけど、ドキドキとワクワクしかなくて……。でも3次審査で、勝ち抜いてきた人たちを見ていると、やっぱりみなさん個性があって、すごいものを持っているなと思って、そこで初めて不安な気持ちが出てきました」

--アプガ(仮)のオーディションでは、歌やダンスのスキルも大事かもしれないけど、気合いが入っているということも重要なポイントかもしれませんね。

小山「はい。絶対に受かるんだ!という気持ちを持ち続けました」

--そして合格発表はサプライズ的に行われたんですね。

鈴木「『追加審査を行います』と言われて。3次審査のあと、TwitterやSHOWROOM審査もあって個性をたくさん見てもらったし、追加審査ってまだ何が残っていたっけ、と思ったんです。考えた結果、私は『マラソンだ!』と。アプガ(仮)なのにまだ体力テストをしてないなと思って。それでその準備で身体を整えていったら、まさかの合格を告げられて!」

--部屋に入ったら、先輩メンバー5人がいて、簡単な質疑応答のあと、「合格です」と言われたんですよね。その前には、各自でTwitterやSHOWROÔM配信を行って、それも審査に採り入れられということですが。

鈴木「私は歌とかダンスに自信がなくて、そこだけでは勝てないと思ったので、どこで一番をとれるかなと考えたときに、SHOWROOMの総配信時間だったり、あとTwitterを通してミッションを不定期でいただいていたんですけど、それが出た瞬間に誰よりも早く投稿したり、そういうスピード感で勝負したいと思いました」

--ミッションってムチャぶり的なことも?

鈴木「いえ “歌って踊ってください”というものだったり、あと“これを見て感想を書いてください”とか……」

小山「私は喋ることが苦手で、SHOWROOMでコメントにうまく返せるかなと不安だったんですけど、やっていくうちに最初の頃よりは喋れるようになっていって楽しくなってきました。逆に1週間くらいたったときにSHOWROOMがすっかり日常的になって、1日やれなかったときには、次の日の配信でみなさんの心温まる言葉に号泣してしまって。1時間くらい泣いてしまったんです。オーディションへの不安もあって、そんな気持ちもそこで一気に出てしまって……」

鈴木「星流ちゃんは悔しいとか嬉しいとか感情が昂ぶったときによく泣いていますね」

--さっきから聞いていると、小山さんは感情の起伏が激しくて、気合いが表に出るほうですね。熱血タイプでアプガ(仮)には合っているような。

鈴木「泣き虫で純真な子です」

小山「私、『追加審査をやります』と言われて嬉しかったんですよ。なぜかというと、最終審査で歌やダンスをやったとき、失敗しちゃったことがいくつかあって、『もう終わった!』と思っていたので、『もう一回チャンスをもらえた!』と思って。候補生のみんながすごい人たちばかりだったから、『ああ、選びきれなかったんだろうな』と思っていました。それで『与えられた最後のチャンス、頑張ろう!』と思って、しっかり練習して臨みました。当日『合格です』と言われたときには、最初受け止めきれてなかったのですが、嬉しさがこみ上げてきました」

--鈴木さんは合格を告げられたときには?

鈴木「最初は、『私、本当に受かったんですか?』という気持ちだったんですけど、でも先輩方が前にいて実感が湧いてきました」

--そして12月17日にZepp Tokyoでのお披露目ステージに臨みます。

鈴木「オーディション中からお披露目が12月17日と聞いていたので、前もって心の準備はできていたのですが、それでも初めてファンの方々の前に『アプガ(仮)の新メンバーです』と出ていくので緊張感と、また先輩方と同じステージに出るのは最初で最後だと思うので、不思議な気持ちでした。今私がアプガ(仮)の曲を踊っているというのがよく分からなくなりました」

--やっぱり大好きなグループだから?

鈴木「喜びというより、ずっと不思議という感覚でした。確かに嬉しかったんですけど、『なんで私がこんなことになっているんだろう』という気持ちもありました。いいのかなって(笑)。今までの自分の人生がなかったことになって、生まれ変わった気になりました。“今までの人生ってなんだったのだろう”と哲学的なことを考え始めました」

--それをステージの上で?

鈴木「はい、ステージで(笑)」

--意外と冷静な部分もあったのかもしれませんね(笑)。小山さんは?

小山「初めてのステージは、リハーサルで見たときは本当に大きく感じて、プレッシャーがすごかったです。ファンの方に認めてもらえるかどうか。でも不安を抱えていたら、それがパフォーマンスに出てしまうので、ここは素直に楽しむべきだなと思って!」

--小山さんはオーディションのときから楽しめるタイプのようでしたけど……。

小山「オーディションのときはドキドキとワクワクしかなかったんですが……」

--本番もプレッシャーはありつつ、楽しめた?

小山「やっぱり歌って踊ることが大好きなので、久しぶりにお客さんに見てもらえるということもあって、本当に楽しかったです!」

--現在は28日の新体制初ワンマンに向けほぼ毎日リハーサルのようですね。

鈴木「私は曲を覚えるのは得意なんですけど、そこから自分のものにするということがなかなかできなくて当日までにそこを頑張ろうと思います!」

小山「1ヶ月で10曲以上覚えたのは初めてのこと。覚えるのは得意じゃないんですけど、覚えられたのが嬉しかったのとともに、体力も最初の頃よりついてきているなという感じがしています。パフォーマンスをしていてまだブレてしまうので、単独ライブまでに見てもらえるレベルの歌やダンスにしていきたいと思います」

--毎日のように顔を合わせていると、メンバー間も打ち解けてきているのかもしれません。

鈴木「2次審査から最終審査の間の時間が濃くて、苦楽を共にしたじゃないけど、みんな一緒に乗り超えて合格した仲間という意識があったので、仲良くなるのに時間はかからなかったです」

--さっきアプガ(仮)なら何か壊さなきゃという話もありましたけど、その思いは今でも?

鈴木「私には腕力がないので(かつて佐保さんがやったような)氷柱割りは無理ですが、ナチュラルにいろんなものを壊しています」

--じゃあ、ステージで披露できるものって?

鈴木「私茶道をやっていたので、ステージで“エア茶道”をやりたい。あとパイナップルを素手で食べられるので、それをやってみたい!茎を手で取って」

--それはワイルドだ! ステージでやるとインパクトあるかも。エア茶道は尺が長いし動きが小さくてわかりにくいかもしれないけど(笑)。小山さんは何キャラだろう?

小山「私は元気キャラで、アプガ(仮)の中で一番子どもっぽいかもと思っていて。住田悠華がしっかりしているので、最年少なのに。最近よくツッコまれています。

--関根さんとは話せるようになりましたか?

鈴木「最初はすごく緊張していたんですけど、関根さんから歩み寄ってくださって、いろんな話をしてくださるので、今はほかの新メンバーと話すような感覚で話せます」

--ほかの4人の先輩とは昨年末までの活動でしたが、そのときにアドバイスされたことで印象に残っていることは?

鈴木「私は森(咲樹)さん。いつかの帰り道のこと、私はアプガ(仮)が大好きなのに自信がなくなってきたことがあって、アプガ(仮)の名を背負っていいのか悩んでいたのですが、そのときに相談に乗ってくださいました。その内容はここでは言えない、いろいろリアルな話もしていただいたのですが、結果、『やるしかない!』という気持ちを持てるようになりました!」

小山「私はお披露目の日に失敗したらどうしようという気持ちがあったんですけど、スタッフさんたちに怒られてしまって自信をなくしかけていたときに、古川(小夏)さんが『ステージに出ちゃえばアプガのものだから頑張れ!』と言ってくださって、その言葉で不安なこととか何も考えずにステージに挑めました」

--一緒に出た機会は大晦日の『ももいろ歌合戦』も含めて2回だけど、合間に話したりする中で、最後の交流はできたようですね。今は関根さんとどんな話を?

鈴木「ライブのリハーサルのことだけでなく、たわいないことを話すことも多いです。昨日なんか漢文の返り点について話していました」

--(笑)。またどんなきっかけで漢文の話に?

鈴木「住田悠華ちゃんの高校の課題を手伝ってあげていて、そういう話になりました」

--では最後に新体制初ワンマンに向けて意気込みを。

小山「まだ見せられるレベルじゃないと思っているので、一日一日大切にして、観てくださる方が楽しくて何か影響を受けられるようなステージをお見せしたいと思っています。自分自身も頑張りつつ、グループとしても助け合いながら頑張っていきたいと思います!」

鈴木「何がなんでもアプガ(仮)のいい未来を見せられるように、全力で取り組むのみ! ぜひたくさんの方に観てもらいたいです。私たちももっともっと頑張ろうと思います!」

新体制初単独ライブ「アップアップガールズ(仮)ここから始まる右肩上がり~Going my↑~ 」は2月28日(日)、Veats Shibuyaで開催。

その他、アップアップガールズ(仮)についての詳細は公式サイトにて
http://www.upupgirlskakkokari.com/

アップアップガールズ(仮)プロフィール
http://yum-e.jp/talent/up_up_girls/

アップアップガールズ(仮)の動画を観る

関連商品

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。