【アップアップガールズ(2)インタビュー】9人体制が本格始動 個性派揃いの新メン加入で「おもちゃ箱をひっくり返したようなグループに」 | GirlsNews

【アップアップガールズ(2)インタビュー】9人体制が本格始動 個性派揃いの新メン加入で「おもちゃ箱をひっくり返したようなグループに」

アイドルユニット/グループ ニュース 音楽
アップアップガールズ(2)
アップアップガールズ(2)

3月23日にマイナビBLITZ赤坂での単独ライブを成功させ、勢いに乗るアップアップガールズ(2)が、9人体制となって初のシングル『We are Winner! / スターティングオーバー』を4月2日にリリースした。GirlsNewsでは、新メンバーとなった森永新菜、島崎友莉亜、新倉愛海の3人に吉川茉優さんを加えたメンバーにインタビューを行い、新曲のポイントや、先日のワンマンライブの感想などを聞いた。

 

--まずは、新曲について紹介していただけますか?

吉川茉優 「『We are Winner!』はタイトルにあるように“勝利に向かって頑張っていこう”という、みんなの背中を押してくれる曲になっています。オーディションを勝ち上がって合格した私たちにとっては自分に重なる部分もあります。つんく♂さんに作っていただいた曲の第3弾で、1作目2作目と積み上げてきたものを、この3作目できちんと活かして、皆さんにこの曲の良さをお伝えできるようになっていればいいなと思います。

『スターティングオーバー』は、9人体制になって改めてスタートを切ったアプガ(2)のキーになる曲かなって思います。これまで恋愛の曲だったり、自分たちが頑張ろうという曲が多かったのですが、この曲はファンの方に感謝の気持ちを伝える歌詞で、皆さんに“ありがとう、これからもよろしくね”という感じの曲になります。振り付けをメンバーの高萩千夏が担当していて、曲の中でメンバー同士が顔を見合わせたり、楽しい曲に仕上がっているので、ライブで盛り上がるこれからの定番曲になると思います」

--新メンバーのみなさんは新曲をどう思われましたか?

島崎友莉亜 「個人的な話なんですけども、これまでアイドルのオーディションに35回も落ちていて、自分で挫折を感じていたので、『We are Winner!』の歌詞は自分にすごくハマるところが多いんです。最初に聞いたときにとても感動して、こんなに素敵な曲を歌えるということが嬉しかったです」

新倉愛海 「私も『We are Winner!』は心に刺さる部分が多くて、歌詞の一つ一つが自分に重なる部分があったり、サビでは“夢を追いかけるぞ”って明るい部分もあって、自分にとって励まされる曲です。聞いてくださる方にも元気を与えたり、背中を押せるような曲にしていきたいなって思いました」

森永新菜 「曲の印象は違うんですが、『スターティングオーバー』も応援する内容の曲なんです。自分の辛かった思い出などが重なって、抑えて歌わないと涙で大洪水になっちゃうぐらい、本当にいい歌詞なんですよ。掛け声が入るところや、振付もマネしやすいところが多いので、ファンの皆さんと一緒に盛り上って楽しめる曲になっています。ライブでファンの人と一緒に作っていく曲だと思うので、これからどんどん成長してゆくのがすごく楽しみです」

–話はさかのぼりますが、新メンバーが加入して9人体制のスタートとなった3月のライブについて、感想を聞かせてください。

吉川 「今回は新曲だったり、ソロコーナーだったりと、メンバーがやりたかったことを実現して、たくさん詰め込んだ内容のライブでした。ずっと、目標にしていたマイナビBLITZ赤坂にやって来れたので、メンバーは今までの集大成という気持ちで気合が入っていましたし、ファンの方の意気込みもすごくて、とにかく楽しいライブでした」

島崎 「アプガ(2)に入って初めてのライブをこんなに大きなステージでやらせていただけることが本当にすごく嬉しかったのですが、すごく緊張もしていました。ステージに出た瞬間に見えた景色が本当にすごくて“こんなにたくさんの方が観に来てくれたんだ”って、驚きました。今までアプガ(2)が積み上げてきたものの大きさを実感しましたし、これから私もメンバーの一人として、9人で頑張っていきたいと思った一日でした」

新倉 「マイナビBLITZ赤坂はアプガ(2)が目標にしていた場所なので、私たち3人がその大切なステージに一緒に立たせていただけることが、すごく光栄で、本当に嬉しさと感謝の気持ちでいっぱいです。メンバーとしてファンのみなさんを前にしてパフォーマンスをするのは初めてだったのですが、この9人でのパフォーマンスが新体制の始まりだと思って、今の自分に出せるものは出し切ったつもりです。自分もアプガ(2)に入って一緒に歌ったり踊ったりできることが幸せだし、これからさらに目標を高く持って頑張っていきたいです」

森永 「私は今までアイドルの経験が全くなかったので、自分がライブの足を引っ張るんじゃないかと、すごく不安でした。練習も精一杯がんばったんですけど、やっぱりうまくいかないところもあって。今まで17年間生きてきて最大に焦ったし、何日も前から緊張して顔がこわばってしまうしまうぐらいでした。先輩方のライブを見ていると、歌もダンスもキレキレでかっこよくて、私がこの中に入れるのか、直前まで怖かったのですが、当日はすごく楽しかったです。これからツアーなどもありますし、もっともっと頑張ろうって思える一日でした」

--新メンバーのみなさんは、ステージに出ていきなり特技披露をしたときの心境はどうでした?

島崎 「私はギターで弾き語りをさせていただきました。たくさんの人が私を見ていると思うと緊張しそうでしたが、こんなチャンスはないと思って、精一杯自分をアピールできるように、とにかく緊張せずに楽しむように頑張りました」

--あのギターはずいぶん大きかったようですが?

島崎 「いえ、普通の大きさです(笑)。よく言われるんですけども、私が持つと大きく見えるだけです」

新倉 「私は踊るのが好きなのですが、アイドルとして少しくらいダンスができるのは普通ですし、かといって、金魚すくいをあそこでするのはムリなので、何をしようかと悩みました。私は体が硬いほうなんですけれども、アプガ(2)に合格してから柔軟をやるようになったんですね。縦開脚も結構きつかったんですけれど、頑張った成果を見ていただけたらと思って披露しました。もともと得意だったことではないんですが、ちょっとずつ自分の中で成長できることに挑戦したいと思ってやってみました」

森永 「自己紹介で特技披露があることを聞いたのが 2、3日前だったんです。“私があんな大きな舞台でラップするの?”って、自分でも信じられなかったんですけど、観に来てくださったお客さんと一緒に盛り上がれたら最高だなと思って必死に新作を考えました。実は前日に家で拝んで“ラップの神”を降らす儀式をしたんですよ。リハーサルの時は緊張しすぎて歌詞がとんでばっかりだったんですけれど、本番は神が降り注ぎました! 無我夢中だったのでお客さんの反応がどうだったかよく分からなかったんですけど、楽しんでもらえたようでよかったです」

--吉川さんから見て新メンバーの印象は?

吉川 「しまちゃん(島崎)は私と身長差が25cmあって小柄なんですけれども、その分、人一倍パフォーマンスを大きくしようと努力する姿勢が見えます。いつも真剣で真っすぐな瞳で見てくるので、こちらがどう見つめ返せばいいのか困っちゃうくらいなんですが、まだ少し緊張しているようなので早く打ち解けて、みんなのバカ騒ぎに加わって欲しいです。アプガ(2)に今までいなかったタイプのキレイな声で、新曲でもすごくアクセントになっているので、これからが期待です。

あみた(新倉)は“不思議ちゃん”ですね。ステージ上では一番元気だし、アイドルのスイッチが入ると急に燃えるんですけども、楽屋とかだと“本当に起きてる?”みたいなフワっとした感じで。まだまだ色んな顔を持ってそうだなと思っていますし、中学生メンバーの中では、佐々木ほのかと中川千尋よりも発言がしっかりしていて、すごく大人っぽく見えます。

新メンバーオーディションのときに私たちがレッスンに立ち会ったんですけど、にいな(森永)は、眼力と立っている姿勢にすごく眼を惹かれました。礼儀も正しくて“この子に入って欲しいな”って、密かに推していたんですよ。実際に入って話してみると、初期の鍛治島(彩)に似ている部分を感じますね。とても謙虚なんですけども“神が降臨する”とか、ときどき言うことがぶっ飛んでいるんです。ほかの新メンバーはすごく真面目なんで、それを和ませてくれるムードメーカーになってくれそうです。背も高いのでステージでも目を引くのかなと思います」

--サプライズでの加入発表からわずか3週間で9人体制のステージを迎えて大変だったと思うんですが。

吉川 「まず、私たちにとって、今までにないくらい大きなステージでのライブだったので、歌もダンスも今まで通りでは全然お客さんに届かないと思って、後ろの方とか端の方まで届けなくてはというのが今回のパフォーマンスの課題でした。

それから新曲の2曲の初披露は、新メンバーが加わって9人となりフォーメーションも今までと全然違う形になったので、そこが一番大変でした。練習の時間も少なかったのですが、アンコールの一番盛り上がるところなので失敗できないと思って気合が入りました。つんく♂さんに書いていただいた第3弾シングルということで、“ここまで来たよ”といういちばんの輝きをを見せたいと思って苦戦しました」

--新メンバーのみなさんは大変ではありませんでしたか?

島崎 「加入してこんなに短い期間ですごくたくさんのことを経験させて頂いて本当に嬉しいですし、だからこそ先輩方に食いついて、もっと成長していかなきゃと思いました」

新倉 「自分は踊りがフワフワしていてキレが足りないので、埋もれてしまないように、もっと頑張ろうと思いました。ファンの皆さんと一緒になってライブを作れるというのがめちゃくちゃ楽しいことだなって思ったので、自分の中の課題をクリアしていって、どんどん上に上がっていきたいなと思いました」

森永 「私はアプガ(2)に入る前は何もしていなくて、引きこもりだったんですよ。毎日、起きてゲームして寝てみたいな日々でした。なので、忙しくなったっていう現実に追いつかなくて、“私、今誰なんだろう?本当に私なの?”みたいに思うことがあります。今の環境がすご過ぎてプレッシャーで追い込まれたこともありました」

--来月からは元号も変わりますが、新しい時代に向けて吉川さんから意気込みを最後にお願いします。

吉川 「9人体制のCDもリリースしましたし、6月から7月にかけてライブツアーも決まりました。アプガ(2)では2回めですが、新メンバーには初のツアーなので、それまでにもっともっと絆を深めて、成長した姿を全国のみなさんに見せたいですし、ツアーを通じて全員がさらに成長したいです。

3年目となる今年はアイドルにとって重要な年なので、アプガ(2)の将来がかかってると思って、この9人で力を合わせて、ファンの皆さんと一緒に、もっともっと大きいステージを目指して頑張りたいと思います。メンバーも9人になり、一人一人の個性を出してもっと楽しい、おもちゃ箱をひっくり返したような、バラエティに富んだグループになれるように意識しつつ、頑張っていきたいなと思います」

 

<新メンバー プロフィール>

森永新菜(もりなが・にいな)
生年月日:2001年6月16日
身長:166cm
出身地:東京都
特技:韓国語、ダンス

島崎友莉亜(しまざき・ゆりあ)
生年月日:2002年11月22日
身長:145cm
出身地:神奈川県
特技:ギター

新倉愛海(にいくら・あみ)
生年月日:2003年6月1日
身長:158cm神奈川県
特技:ダンス、金魚すくい

 

アップアップガールズ(2)平成最後の日に9人でのライブ
アップアップガールズ(2) アオイハル

2019年04月30日(火) 初台The DOORS
オープン12:30 / スタート13:00

 

アップアップガールズ(2) ライブツアー2019
アオイハル アツイナツ

◆2019年06月02日(日) 新横浜NEW SIDE BEACH!!
①オープン12:30 / スタート13:00
②オープン16:30 / スタート17:00
◆2019年06月22日(土) 静岡ROXY
①オープン12:30 / スタート13:00
②オープン16:30 / スタート17:00
◆2019年06月29日(土) 柏PALOOZA
①オープン12:30 / スタート13:00
②オープン16:30 / スタート17:00
◆2019年06月30日(日) アメリカ村BEYOND
①オープン12:30 / スタート13:00
②オープン16:30 / スタート17:00
◆2019年07月28日(日) 新宿ReNY
①オープン12:30 / スタート13:00
②オープン16:30 / スタート17:00

    関連商品