制服向上委員会、27年目のスタートを切るライブ レアな構成と選曲で盛り上がる | GirlsNews

制服向上委員会、27年目のスタートを切るライブ レアな構成と選曲で盛り上がる

アイドルユニット/グループ ニュース

アイドルグループ・制服向上委員会が23日、都内にて単独コンサート『~「第546回制服の日」全てはエピローグから始まる~“生誕27年祭へ向けて”』を開催。グループにとって節目となる“生誕26年祭”の直後に行われた本公演には、生誕祭同様、前リーダーの野見山杏里さん、OGメンバーの齋藤優里彩さんが登場した。

■同日に行われた「生誕26年祭」の模様

この公演では名誉会長の橋本美香さんが選んだという、1990年代の一期メンバーが着ていた制服衣装で登場した出演者たち。通常最後に歌われることが多い曲『エピローグ』からライブはスタートした。

27年目のスタートにあたり、齋藤さんは「この先30年も40年も制服向上委員会に関わっていきたい。この名曲たちを守り続けるためにも頑張って歌いたいと思います!」と思いを語った。そして野見山さんが「たくさんいろんな曲をお送りしていきたいと思いますので一緒に楽しみましょう!」とファンに語りかけると、大きな歓声が起こり、次々と曲を披露していった。

90年代から活動している橋本さんが「今日初めて歌う」という曲もあったように、“生誕祭”に比べると、レアな楽曲も多数。昨年発売のアルバム収録の『おめでとう』がこの日初披露されたほか、グループ内ユニット・寿隊の楽曲で、ライブの盛り上がり曲『何故?なぜ?』を橋本さんが初めて一人で歌えば、同じく寿隊の『寝るのが一番』を齋藤さんが初めて一人で歌い、野見山さんはパラパラを取り入れた振付が印象的な『Dancing With Devil 』をソロで歌った。

その一方、『若き知恵を讃えた天使たちの詩』のような王道曲もあれば、野見山さんの真骨頂のせつないスローナンバー『初恋のセレナーデ』まで多彩な楽曲を披露した。

本編ラストは力強いメッセージソング『名もなき声に』。齋藤さんや野見山さんが若手、新人時代によく大人数で披露していた思い出の楽曲を、二人だけで歌うのは寂しそうだったが、二人だけでもキレのいい、カッコいいパフォーマンスで決めた。

そして最後は『おはよう!』、『涙のエンブレム』といった制服向上委員会の“ど真ん中”といえる楽曲を披露し、大きな盛り上がりの中、27年目最初のライブの幕をおろした。

なお、制服向上委員会は『~「第547回制服の日」野見山杏里21歳誕生日記念~”2018 SKiの特別公演”』を10月7日に、東京西新宿・ホテルローズガーデンで開催する。

制服向上委員会の動画を観る

関連商品