モー娘。牧野真莉愛、セ・パ交流戦始球式登板を前にピッチング披露 阪神・原口選手のミットに「ストライク!」 | GirlsNews

モー娘。牧野真莉愛、セ・パ交流戦始球式登板を前にピッチング披露 阪神・原口選手のミットに「ストライク!」

アイドルユニット/グループ ニュース ハロプロ
牧野真莉愛
牧野真莉愛

モーニング娘。’17の牧野真莉愛さんが29日、都内にて行われた「2017年度 日本生命セ・パ交流戦」 開幕記者会見に、現役プロ野球選手らとともに登壇。30日に挑む始球式を前に、ステージ上で見事なストライク投球を見せた。

セ・パ交流戦は今年は5月30日(火)~6月18日(日)の期間に開催。 その前日の会見に、セ・パ交流戦の2017年の応援大使に就任した牧野さんが応援大使の衣装を着て登場した。プロ野球が大好きで北海道日本ハムファイターズの大ファンの牧野さん。「私が球場に行く時は開門前から並んで、試合前の練習から選手を見ています。試合だけじゃなくて、練習から見るのも楽しめるところだと思います。最近は女性向けのガールズユニフォームも良く着ますね」と女性も楽しめる交流戦のポイントをアピールした。

続いて、交流戦開幕戦の始球式登板を賭けた、モーニング娘。’17のメンバーによるプレゼン大会の結果が牧野さんに決定したことが発表された。見事に明日の始球式登板のチャンスを掴んだ牧野さんは「2015年に始球式をやらせてもらったんですが、その時はボールがどっかに行ってしまいました。ずっとファイターズファンなので、会場がZOZOマリンスタジアムと聞いた時は難しいかと思いましたが、始球式をやりたいという気持ちは誰にも負けていないので、選んでいただいた時は嬉しかったです!」と興奮した様子で感想を語った。

その後、ゲストの中で唯一投手の巨人・田口麗斗選手から明日の始球式登板に向けて、「いつものコンサート会場に立ったつもりで、最高のパフォーマンスをしてほしいです!」とのアドバイスが飛び出すと、明日の前日練習として、阪神・原口文仁選手を相手に前日練習をすることに。

距離は本番よりも近くはなるが、原口選手も本番同様のキャッチング スタイルでミットを構えると、牧野さんの全力投球はミットがほとんど動くことのない完璧なストライク投球。会場からはどよめきが起こった。

最後に牧野さんは「実際のマウンドの距離(18.44m)でも届くと思います。モーニング娘。は今年で結成20年。新たな伝説を作れるように、みなさんの記憶に残れるように、気合い入れていくぜ!セパ交流戦!」と改めての明日へ の気合いを込めた意気込みが披露された。

30日の千葉・ZOZOマリンスタジアムでの開幕戦 千葉ロッテマリーンズ VS 阪神タイガースには牧野さんを含めたモーニング娘。’17のメンバー全員が登場する。

今回の交流戦では、野球を愛する子どもたちの「叶えたい夢」を交流戦の舞台で叶える キャンペーン「セカパカ PLAY DREAM CAMPAIGN」を開催。野球を愛する子どもたちを対象に「叶えたい夢」を募集し、実際に応募した「叶えたい夢」を交流戦の舞台で叶えてしまうキャン ペーンである。

なお記者会見には、千葉ロッテ・鈴木大地選手、西武・浅村栄斗選手、オリックス・伊藤光選手、 広島・田中広輔選手も登壇した。

関連商品